メニュー

切磋琢磨とご縁 | 創業47年 家族との絆を紡ぐ“ちょっとかっこいい”家づくり|株式会社シーキューブ

株式会社シーキューブ
新築・リフォーム・その他お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-036-833

代表取締役・住宅アドバイザー
安本昌巨ブログ

切磋琢磨とご縁

家づくりは地域、風土に合わせて考えるとなると、違った常識がその土地その土地であります。

 

暑さ寒さ対策も幾つものエリアに分け、雪の地域と、日が強い地域とでは窓の種類の使いわけが変わり。文化、風土が違うということは、この日本の中だけでも多種多様、南北に長い形の面白さはそんなところにも表れます。

 

そうやって外にでる機会が月に1度か2度意識的に足を延ばす様にしています。

 

寒冷地にいくことで、暖かな家づくりの工夫。断熱方法

雪の多いところでの冬の仕事の段取り仕方。

広い玄関が当たり前の文化圏での家づくりの間取り。

設備、性能などのハード面の学び。

 

そしてプラス

目に映るものが、新たな刺激や考えを呼び覚まされることは、

気がつくと学びは家づくりだけでないことがおおいです。

 

その会社さんの在り方から、人の成長や仕事のやりがいの在り方、どのようにいい家をつくっていこうというチームワークを醸成しているのかまでが興味の対象となって、たくさんの情報交換をソフトの面でもおこうなう。

 

そこでの一緒に同行するスタッフは、強行日程、弾丸というような行程がおおく、

時間が無いとき、コンビニ弁当になってしまうというようなことも。

 

ただ、それでも、学べること、新たな発想、新しい気づき、今まで考えなかった仕組み、

自らがプラスになる、実践できることを吸収できることが楽しいのです。

 

その日、その場所で、話を聞くだけではなく、

 

現場を見て、質問して、周辺情報を集め そしてこれから先、戻ったあとも、聞きたいことが出来たときは、質問がお互いが出来る関係になっている。

 

お互いが良いところを即座に見つけ、学び、そして、お互いが与えられる、与え合う関係の会社、人間となって成長、磨かれていくのです。

 

こうゆう循環を大事に、人と人とのご縁を大事にしていくことは、大切です。

 

理解できない人は、質問ができなかったり、相手がほしい情報に気づけることができなかたたりで、その後の個人的に質問が出来る関係ができなかったり。

 

一期一会も、お互い与え合う関係性から、縁が始まり、縁が広がって、縁が繋がっていく。

お互い与え合うことができる人として、常に成長し、相手に気を配る。

インプットとアウトプットは自分だけでなく、人とのつながりにも必要。

 

そんな心がけが、人の成長と、縁を繋げて、会社を支えていく原動力になるのだと思います。

2018年01月12日 | 作成者: 安本昌巨
代表取締役・住宅アドバイザー
安本 昌巨
メディア掲載・受賞歴
シーキューブ代表が書き下ろした家づくりの本『いい子が育つ 家族をつなぐマイホーム獲得術』
日本最大の企業動画メディア『家を建てることがゴールではない』株式会社シーキューブ 安本昌巨 動画メッセージ
スーモ掲載中!
関西電力

CONTENTS
お知らせいろいろ

  • 家づくりに対する想い
  • 家づくりの流れ
  • 土地を探す
  • リフォーム
  • イベント
  • 資料請求
  • メディア掲載・受賞歴
  • スタッフブログ
  • 建てられたお客さまの声
  • お施主様家づくりブログ
  • Instagram
  • シーキューブ代表が書き下ろした家づくりの本「家づくり幸せづくり絆づくり」