メニュー

【制震】と【免震】の違いとは? | 創業47年 家族との絆を紡ぐ“ちょっとかっこいい”家づくり|株式会社シーキューブ

株式会社シーキューブ
新築・リフォーム・その他お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-036-833

【制震】と【免震】の違いとは?

 

こんにちは、住宅アドバイザーの野口です。

地震に強い家にしたい!と思われる方は多いのではないでしょうか?

東日本大震災の影響により地震の対策がしたいと
思っておられる方は多くなってきています。

そこで今回は地震についてお伝えしようと思います。

【制震】と【免震】は、
それぞれ住宅の耐震性を高めることを言いますが
その違いをご存知でしょうか?

「どちらが地震に強いの?」と気になる方も多いはず・・・。

まず【制震】
制震構造は制震ダンパーが地震エネルギーを吸収し、
揺れを軽減してくれます。

一方で、【免震】構造は
水平方向に変形しやすい装置の上に建物を構築し、
地震エネルギーを建物に伝わりにくくするとともに、
ダンパーで揺れを早めに軽減させます。

簡単に言うと、免震装置が基礎と建物の間に取り付けるのに対し、制震装置は壁の中に設置します。

建物内での安全は免震の方が優れています。
免震は揺れを大幅に軽減しますので
建物の損傷だけでなく、
物が上から落下してきたり
倒れてきたりといったことを防ぐことができるのです。

ただ、台風がきたときなどは上階が揺れやすいので注意が必要です。

高層ビルなどの地震の揺れが上の階ほど増幅する建物には
制震の方が向いています。

制震は地震の揺れは直接建物に伝わるのですが、
上階の揺れが軽減されるのです。

そして、コストに関しては免震の方が大きくかかってしまいます。
新築住宅建築時には何と約4倍~5倍の差がでるとも言われているのです。
さらに、免震は軟弱地盤では使用できないので
場所も限られます。

制震、免震にはそれぞれメリット・デメリットがありますので
使い分ける必要があります。

大切な家族が安心してくらせるように、
私もお客さまにお伝えしながらサポートしたいと思います。

長文お読みくださり、ありがとうございました。

2018年04月25日
無料相談会

INSTAGRAM
インスタグラム

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.

CONTENTS
お知らせいろいろ

  • 家づくりに対する想い
  • 家づくりの流れ
  • スタッフブログ
  • よくある質問
  • イベント
  • 性能と品質
  • メディア掲載・受賞歴
  • 採用情報