メニュー

リフォームで高齢者に配慮した家づくり | 創業47年 家族との絆を紡ぐ“ちょっとかっこいい”家づくり|株式会社シーキューブ

株式会社シーキューブ
新築・リフォーム・その他お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-036-833

リフォームで高齢者に配慮した家づくり

こんにちは、竹森です。

祖母の口癖は
「なんでこんなにできなくなっちゃたんだろう・・・」

そんなことは無いのですが、

今まで元気よく過ごしていたときと比べると
どうしても歳を重ねるごとに体が鈍くなってしまいます。

そうすると動くのが億劫になり、
家の中でも、つまずいたり、転んだりという事故がおきてしまうのです。

室内での事故をおこさないために
高齢者が住みやすい家にすることが大切になります。

ですので、ご高齢の方を思いやったリフォームをされる方は多いです。

転倒事故を防ぐことができるリフォームと言えば
段差をなくすことです。

しかし、段差といえば大きな段差だけをなくすことに頭がいきがちなのですが、
小さな段差をなくすことが事故を防ぐ鍵となっています。

小さな段差は見えづらく、そこに何もないものと思ってしまい
うっかりつまづいて、転倒してしまいますので
リフォームをするなら小さな段差の解消も重要です。

また、手すりは階段だけでなく、
トイレや浴室にも設置することをおすすめします。

その際は手が届きやすい位置や高さ、
握りやすい手すり、
といったことも考えなければなりません。

せっかく取り付けても実用性のないものは
無駄になっていますから注意してくださいね。

他にも、ドアは引き戸にする、
床は滑りにくい素材に変える、
といったことも大切になりますね。

リフォームする際には上記のようなことを取り入れて
高齢者の方が快適に楽しく過ごせる家を目指しましょう。

2018年04月29日
無料相談会

CONTENTS
お知らせいろいろ