安本 昌巨のブログ

同じことを改めて行う

  • 2020月09年25日
  • 投稿者:安本 昌巨

同じ本をもう一度読んでみたり。

同じ映画をもう一度見てみたり。

同じ人に何度も会いに行ったり。

同じ話を何度も何度も繰り返し聞いたりなど。

わかったと思っているその時もあったのですが、
やはり、大切だと感じたことは、
改めて原点として戻っていく場所は大切だと思います。

同じ本。

同じ話。

知ってはいても、知らないわかっていないと思って聞いてみると

また新たな気づきがたくさん起こります。

頭が良い自分でありたいとの思い込みがあったりすると、
知ったかぶりになって、本質に近づくことがないかもです。

 

本質の価値、

その本当の目的を見つけ出し、

それを自分の中で応用できるまで理解する事は、それほど簡単なことではないと感じます。

だからこそわかったつもりであっても、同じ話を繰り返し聴くのです。

自分のことを不器用だ、

なかなか理解するまでに時間がかかると思い描いている自分像もあることが、
この繰り返しを継続できることもあるのだとも思います。

 

話を聞いてわかった気持ちになっている
そこそこうまくいってるから、

それ以上のチャレンジを踏み出さない。

たとえ、そのとき、そこそこうまくいっていたとしても、
もっとうまくやれる方法があるかもとチャレンジすることが私は好きです。
もしかして、それがかえって悪くなる時もあるかもしれません。

それでも上を見つめ、目指して、探求し続けることが人生は楽しいと考えています。

今よりも、さらによくなることは。

成長、進化。

人が生まれてきた、次の世代に引き継いでいく、

そこには成長、進化を受け継ぎ続けていくことが生まれてきた、

命をもらった恩に報いるためには必ずという意識を、

1日のなかでも何度でもととのえられたらと思います。