野口 賢司のブログ

阿倍野区で新築/リフォームをお考えの方に<怖い!住宅ローンの完済年齢が伸びている!>

  • 2020月12年11日
  • 投稿者:野口 賢司

みなさん、こんにちは。

12月も半ばにはいり、

いよいよ、クリスマス・お正月が目の前にやってきましたね。

楽しみでもありながら、親としては出費の多い時。

今年はコロナの影響で気持ちがどんよりしてるので、

こんな時だからこそ、お家でパッとパーティでもやりたいなぁ~なんて、

嫁と子供の気持ちはさておき、考えているあべの店の野口です。

 

さて、今回はと言いますと、

ちょこちょこ登場いただく、FPの先生からの情報です。

この記事を読んで頂くと、無計画での住宅ローン、

勢いでの住宅ローンが怖くなるかと。

定年後の住宅ローン残高、どうやって返済するかの計画、

とても大切ですよね!

だからこそ、ライフプランをおすすめする次第です。

 


老後に残る住宅ローン!?

 

 35年返済での資金計画が普通になった今、

「老後に住宅ローンが残っている」ことが問題になってきています。

 

住宅機構の資料から、

2000年度から2020年度(4~7月)の利用者(対象約122万人)を分析すると、

平均完済年齢が最低だったのは2000年度の利用者の68.3歳。

その年齢は年々高くなり、20年度の利用者は73.1歳。

この20年間で約5歳も完済年齢が高くなってきているのがわかります。

 

日経新聞(10月5日朝刊)によるとその原因は主に3つ。

 

〇晩婚化で住宅取得時期が遅れていること。

 2000年代前半の借入時年齢は平均37~38歳だったが、

 13年度以降は40歳代で推移する。

 20年度は平均4歳。この年齢は20年間で3歳以上高くなった。

 

〇超低金利を背景に住宅価格が上昇した。

 総融資額を件数で割った平均融資額は20年間で1,900万円から3,100万円に増えた。

 頭金を減らして多めに借りる傾向もある。

 

〇返済期間の長期化。

 20年度は平均7年と過去最長になった。

 

60歳時点のローン平均残高は20年間で

約700万円から1,300万円超に増えています。

 

実際お手伝いさせていだく資金計画でも

60歳・65歳の段階で住宅ローンの残高が

1,000万円を超えているケースも少なくありません。

 

もちろん、定年退職後も働き続けるというのも一つの解決策ですが、

まずは定年退職までに住宅ローンを完済するという計画を立てる必要があります。

 

逆に言えば、

「いくらまでの住宅ローンであれば定年退職までに完済できるのだろうか?」

と、ここから逆算して住宅の計画を進めることがお勧めです。