野口 賢司のブログ

阿倍野区で新築/リフォームをお考えの方に<こころの断捨離>

  • 2020月12年18日
  • 投稿者:野口 賢司

みなさん、こんにちは。

今日は12月18日の金曜日。

いよいよ2週間後は令和3年の1月1日のお正月ですね。

 

時の経つのは早いもので、

シーキューブが阿倍野区に店舗をオープンさせて頂いたのが、

令和元年2月。もう2年が経とうとしております。

 

おかげ様で、

少しずつですが、新築・リフォーム・不動産仲介と

お仕事が増えてきました。

 

今月12月は、阿倍野区と堺市で地鎮祭、

新たに2件のお客様の着工となりました。

 

また住之江区・堺市とお引渡しもあり、

師走のバタバタ感の中で、イベント事もたくさんあり、

毎日忙しくております。

 

さて令和3年のお正月を迎えるにあたり、

年末の大掃除は進んでおられますか?

 

我が家、のぐち家はと言いますと、

なかなか進みません!と言いますか、まったく手付かずです。

正直、やばいです・・・

 

が、家の大掃除は家族の協力も必要なので、

一旦置いておく事に。(言い訳ですがね・・・)

 

1人で出来る大掃除という事で、

心の断捨離という記事を以前に発見しました。

 

断捨離という言葉はよく耳にしますが、

「不要な思い込みを捨て、自分らしく生きる」

心の断捨離というのはあまり耳にした事がなかったのでご紹介。

 

下記抜粋内容です。

—————————————————————————————

 

断捨離のアプローチで見えてくるのは、

私たちが無意識に抱えている思い込み。

「人によく思われたい」

「他人の期待には応えなければならない」

「失敗することは許されない」…。

 

普段から当たり前のように、

行動の前提としている考え方なので、

改めて気持ちを掘り下げてみなければ、

なかなかその存在に気づくことができない。

 

「その人が抱えている思い込みを検証することで、

自分の何を守りたくて、何を恐れているのかが浮き彫りになります」と。

 

例えば、

「他人からの評価を得たい」と望む気持ちがあるなら、

それを得ようとする動機は何なのかを自分に問いかけてみたい。

 

「評価をもらえればより自信がつくけれど、

もらえなくても自信は揺らがない」と思うのか、

「他人の評価がなければ、私の自信は一気に揺らいでしまう」と思うのか。

後者であれば、自分を肯定する気持ちが欠如していると思われる。

 

「悩みやモヤモヤの原因の大半は、

自分と自分との関係性。

自分の正直な気持ち、ありのままの存在を認めることで、

自分の軸が固まり、心がご機嫌な状態を取り戻すことができますよ」(やましたさん)。

 

今年の年末は少し、

自分の生きてきたこの47年でたまった、

思い込みや固定概念というものを

少し断捨離してみようかなっ!と。

 

それでは、また!