野口 賢司のブログ

阿倍野区で新築/リフォームをお考えの方に<いいお家ってどんな家 Vol.1>

  • 2021月02年26日
  • 投稿者:野口 賢司

みなさん、こんにちは。

2月ももう終わりですね。

 

いやいや、私には大きな行事が残っておりました!

明日は嫁さんの誕生日なので、せめて、ケーキだけでも、

買わないと、大変なことに。義務ですね!(笑)

 

さてさて、ここ最近は春のような陽気になったり、

真冬に戻ったりと、気温のアップダウンが非常に激しいですよね。

この年齢になると体調管理が大変!!ってのはあるのですが、

それ以上に気になるのがやはり、この異常気象と言いますか、

今までに無い気候変動でしょうか。

 

私が関わる、この住宅業界でも寄与できること、

それはお家の断熱性能を高め、

そして過去の日本のお家のような

スクラップ&ビルド、古くなると潰して建てる、

ではなく、メンテナンスをしながら、

大切に永く住んで頂ける高耐久なお家をご提供する事。

 

それが、地球温暖化の抑制にも貢献出来る事なので、

微力ではありますが、

環境にやさしいお家をご提供していきたいと思う

あべの店の野口です。

 

さて、年が明けてから、

せかしているわけではないのですが、

今お家を検討しようと思ってる方は、

色々と国からのお年玉もあるので、

いいタイミングですよというお話をさせて頂きました。

 

そこで、改めてシーキューブ、私達が考える、

「いいお家」ってどんなお家??

って事で、日頃から大切にしていることなんかを

改めて、3回にわけて紹介していけたらと思います。

 

まずは私たちが考える「いいお家」。

それは、第一に「家族の命を守る家」と考えております。

ここは外せない、一番肝となる部分です。

 

この家族の命を守るためのお家、

そこで押さえて頂きたい3つのポイント。

 

それは、

地震・火事・暑さ寒さ対策と考えます。

今回はまず地震対策について。

 

耐震等級って聞かれたことはありますか?

最近ではもうだいぶご存知の方が増えたかと。

 

これは、地震に対する構造躯体の倒壊・崩壊のしにくさを

表すものさしです。

 

簡単に言うと

耐震等級1=阪神・淡路大震災の同等の地震に耐えうる住宅

耐震等級2=阪神・淡路大震災の1.25倍に耐えうる住宅

耐震等級3=阪神・淡路大震災の1.5倍に耐えうる住宅

という事になります。

 

いつ起こるかわからない地震から

家族の命を守るには、まずお家は強い事。

 

そこから更に発展させていくと、

強度を長く保つことができるように、

揺れを少しでも抑える、吸収する為の制震・免振装置を

設置する住宅となっていきます。

 

弊社でも最近は制震ダンパーを取り付けさせて頂くケースが

だいぶん増えてきました。

 

それだけ、皆さんが地震に関心があり、

かつご家族の安全、命を守るというところに

コストをかけられる方が増えてきたという事かと思います。

 

もちろん、便利で豪華な設備も悪くないですし、

おしゃれな住宅ももちろんいいと思います。

 

ただ、それはまず家族の命を守る器としての住宅が

あってからかと私達は考えます。

 

そうだなと、共感頂けた方、

まずは遠慮なく、ご相談ください!

 

それでは、また