杉原 進太郎のブログ

塗壁の外壁と、お風呂のリフォーム【外壁塗装編】

  • 2021月02年28日
  • 投稿者:杉原 進太郎

シーキューブブログをご覧の皆様、

本当に久しぶりの更新になってしまい、申し訳ありません!

 

コロナ禍にも関わらず、たくさんのお客様と

お家づくりのお話をさせて頂いているのですが、

そんな中で中々ネタが無いなあ~と。

 

ついついサボり気味になってしまっておりました。

 

そこで気づいたんですよね、

「ネタを探すから無いのであって、日々のお仕事をブログにすればいいじゃないか!」

そんな簡単なことに気づくのに、じばらく時間が掛かってしまいました。(笑)

 

これからは週に1本くらいのペースで

注文住宅、リフォーム、リノベーション、不動産それぞれの現場の様子やポイントについて

ブログを書いていこうと思っております。

 

3日坊主ならぬ、1回坊主になりませんように・・・

あたたかい目で見守って頂ければです!

 

さて、では本日は直近でリフォームさせて頂いた

お客様のお家について、どんな順番でリフォームしていくのか説明していきますね!

 

 

まず、今回のお家のリフォーム前は、こんな感じでした。。。

築25年程度、3階建の一軒家。

初めは、お風呂(ユニットバス)の交換でご相談を頂きました。

 

ただ「ほかに気になっているところはないですか?」と聞いてみると

「外壁の劣化(亀裂など)も気になるんですよね」とのこと

 

 

どれどれ~

なるほど亀裂もあるし、

劣化もあるし、

剥がれ落ちている箇所もあるのか~・・・

 

ふむふむ。

これは、外壁塗装、さらに補修も考えた方が良さそうな状態です。

壁に触ると手が白くなる、チョーキング現象も出てきている。

 

一緒に外壁塗装、補修も考えていきましょうという事になり、

「とにかく長持ちするような壁の材料はないですか?」というご要望があって、

 

 

STO社の塗り壁材をご提案させて頂きました。

 

STO社の塗り壁の詳しいご説明は、また機会にさせて頂きますが、

こちら、日本ではまだまだ認知度が低い材料なんです。

 

でも実は世界NO’1シェアの塗り壁材なんですよ。

 

900色以上の色の中から、自分のお好みの色を選べて、

一度しっかり塗ってしまえば、メンテナンスもほぼ必要なし。

更には撥水効果も抜群なんですよね。

 

 

シーキューブでは、新築でもリフォームでも

沢山のお客様にご採用して頂いている材料です。

 

そんなこんなで、

お風呂の交換と塗り壁での外壁塗装、ウレタン塗装での屋根塗装など

お家を長持ちさせるための工事をさせて頂くことになりました。

 

まずは、外壁塗装の手順についてご説明します。

 

①足場を組み立てる

②外壁・屋根の洗浄

③外壁・屋根の塗装

④その他の塗装(トユ、エアコンパイプなど)

⑤足場の撤去

 

ざっくりと説明すると、こんな感じです。

 

では、工事中の様子をお写真で追っていきましょう!

 

まずは足場を掛けていきます。

 

洗浄時には周りのお家に汚れが飛ばないように、

しっかりとシートで養生していきます!

 

洗浄した後に、下地材料を壁に塗りまして、

 

そのあとは、お客様が選んだ色の仕上げ材料を塗っていきます。

工事中の様子はこんな感じ。

これはインナーガレージの天井部分を塗っているところです!

 

だんだんと全貌が見えてきました。

 

仕上げ塗りが終わって、

最後にトユやエアコンパイプの塗装、

今回は、ベランダの波板の交換をさせて頂きました。

 

最後のチェックを終えて、

足場を外すと生まれ変わった、お家が現れます!

 

 

 

 

工事後の写真がこちら!!!!

空色の真っ青な外観が、黒の金物とよく合いますね。

 

お客様が「空のような色にしたいんです!」と

こだわってくださった、お色です。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、STO社の塗り壁材を使った外壁塗装について、

ご紹介させて頂きました。

 

次回は、こちらのお家でのお風呂のリフォームについて、

お伝えさせて頂きます!

 

それでは、また!