野口 賢司のブログ

阿倍野区で新築/リフォームをお考えの方に<住宅ローンで失敗する人の共通点!?>

  • 2021月05年28日
  • 投稿者:野口 賢司

今年は例年よりも非常に早い梅雨入りで、

しかも、しとしとといったかわいらしい雨でなく、

ざぁーっと荒っぽいまとまった雨が多いですね。

 

つい先日も、猛烈な雨が降ったので、

夜10時過ぎではありましたが、

塾帰りの娘を迎えに行ってきました。

 

少しアルコールを飲んでおりましたので、歩いて。

これって意味あるの?と思いつつ、

これも大切な親子のコミュニケーションと言い聞かせ、

頑張っている、あべの店の野口です。

 

さて今回はと言いますと、

いつもお世話になっております、

ファイナンシャルプランナーの先生からのお話になります。

こんな時だからこそ、是非読んでもらいたいお話です。

_______________________________________________________

 

「住宅ローンで失敗する人の共通点!?」

 

4月9日、日経新聞に衝撃的な記事が掲載されました。

 

それは、この1年間で、

「住宅ローン返済が困難なために金融機関に返済猶予を申し立てた件数」

が5万件を超えたというのです。

 

もちろん、新型コロナ感染拡大の影響というのが

一番大きな原因だと思われるのですが、

それにしても、です。

 

しかし、私のお客様で金融機関に救済を申し出た方は

一人もいらっしゃいません。

 

どうやらこうした不足の事態に

住宅ローンの支払いが厳しくなってしまう世帯には、

特徴がありそうです。

 

○ ライフプランを組めばいいだけ!?

 

不足の事態に住宅ローンの支払いが厳しくなるのは、

大きく2つの原因があると考えられます。

 

 ① 世帯収入における返済比率が高い。

 ② 貯蓄が少ない。

 

世帯収入というのは、夫婦2人の収入の合計です。

「2人併せた収入のうち何%が住宅ローンの返済なのか?」

これを、返済比率と言います。

 

単純に何%以下であればいいということは言えません。

子どもの数や世帯主の年齢によっても違ってくるからです。

 

しかし、目安としては

ご主人の収入でローンを含む生活費をやりくりし、

奥さんの収入(パート代含む)を貯蓄するという家計が作れていれば、

よほどの危機的状況にも対応できます。

 

また、今回金融機関に返済の猶予を申し込んだ世帯の一定数が、

住宅ローン以外にもローンがあることが分かっています。

 

つまり、マイカーローンやカードの分割払いなどの債務がある訳です。

 

要するに、

計画的に貯蓄をして将来の支出に備える

という行動をとっていない人が多くいたと推測できます。

 

「自分たちの将来にどのくらいのお金がかかるのか?」

そこをしっかりと考えていれば、

自ずと準備をするものです。

また、夫婦でそういう話をする機会も増えることでしょう。

 

このような不測の事態が起こると、

「ライフプランなんて将来設計をしてみても

その通りいかないのだから意味がない」

とおっしゃる方がいますが、それは全く違います。

 

不安定な時代だからこそ、

まずは物差しを用意する必要があるのです。

 

そして、その物差しの一つが「ライフプラン」なのです。

_______________________________________________________

 

なんかしんどいなぁ~って、

不安をあおってしまったかもですが、

現実を受けいれる事はとても大切な事かと思います。

 

今の現実をしっかりと把握して、

大切なのはそこからどう未来の設計をしていくか!

だと思います。

 

収入を増やす努力・工夫をするのか、

それとも支出を減らす努力・工夫をするのか、

可能であれば、両方を検討してみる、などなど。

 

お家を建てる、リフォームをするなど、

大きなお金を使う時は、将来設計をご夫婦で話すいい機会です。

 

是非、お家の事だけでなく、

将来設計をふまえた、安心・安全なお家づくりに

ご興味のある方は、遠慮なくご相談ください。

 

まずはライフプランをされてみませんか?

お待ちしております。

 

それでは、また!