野口 賢司のブログ

阿倍野区で新築/リフォームをお考えの方に<お家が片付かない原因! その1-②>

  • 2021月06年25日
  • 投稿者:野口 賢司

みなさん、こんにちは。

6月も最終金曜日になりました。

 

早いですね~

今年1年も、もう折り返し。

 

さて今回は前回に続きまして、

お家が片付かない3つの原因の1つ目、

「適正量」をオーバー のお話の続きです。

 

前回、

適正量をオーバーしているかどうかのバロメーターとして、

傘の本数やしゃもじの個数のお話をしましたが、

どちらかがオーバーしていた方、

これからお伝えするものも、お家にあふれてないでしょうか??

 

例えば、

〇レジ袋や紙袋。

 引出あければ、レジ袋でいっぱい、

 家具と壁の間が、いつの間にか紙袋の収納スペースに。

 

〇頂く機会の多いタオル類

 もらいものがあるのに、気に入ったものを更に買い足す

 

〇赤ペンを家中探すと10本も!

 ちなみにのぐち家は1・2歩歩けば

 黒のボールペンがありますね~。

 

といったような生活用品もあれば、

 

〇食品ストック

 生鮮食品は買いだめすると食べきれないかも・・・

 って意識が働きますが、缶詰・乾物はどうでしょうか??

 必要以上にストックは無いでしょうか?

 

〇洗剤などの詰め替え品

 腐るものでもないというところで、

 スーパーやドラッグストアでセールをしてると

 ついつい買ってないですか?

 

 のぐち家もいっぱいです。

 しかも、種類のかたよりがひどい!

 必要なものがなくて、

 まだあるのにと思う洗剤ストックが

 2つも3つもあったり・・・

 

その他にもポケットティッシュや化粧品の試供品など、

ただでもらえるものは、ついついもらってストックになってませんか??

 

無くなる不安や安いからとりあえず買っておこう、

気持ちはわかりますが、やはりほどほどの感覚が大切!

 

大切なのは、

消費するペースをつかみ、

買い足す基準を決めることです。

 

また家族に適正量インタビューをすることも

収納王子こと「コジマジック」さんはおすすめされてますね。

 

それぞれに、何がどれ位ひつようか?

これも家族とのコミュニケーションにもなりますし、

みんなで適正量を共有できるのもいいですよね。

 

子供さん達も気にかけてくれて、

買うタイミングになったら、

教えてくれたりと必要な時にないという不安も払拭できるかもですよ。

 

適正量を話し合って、

家族でお家からものがあふれる事を防ぎ、

すっきり片付いた、笑顔があふれるお家を目指したいですね。

 

次回は、片付かない原因2の「定位置」がおかしい

のテーマに入っていきたいと思います。

 

それでは、また!