中古住宅・中古マンションの選び方。 | 創業47年 家族との絆を紡ぐ“ちょっとかっこいい”家づくり|株式会社シーキューブ

株式会社シーキューブ
新築・リフォーム・その他お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-036-833

中古住宅・中古マンションの選び方。

国の「長期優良住宅化リフォーム事業」をご存知ですか?

国が本気で中古住宅市場の活性化を始めました。
「長期優良住宅化リフォーム推進事業」は、
その代表です。

今後ますます、
中古住宅・中古マンションへ注目が集まります。

そこで、重要なテーマがあります。
中古住宅の価値は、
築年数だけでは測れないということです。

中古住宅・中古マンションを築年数だけで判断するのは危険です。

ところが、
一般的に不動産会社は、
築年数だけで家の価値を判断します。

私たち建築業者から見ると、国が示している基準と同じです。

中古住宅の価値は、家が傷んでいるか?否かで判断します。

私たちは、
それを的確に判断することができます。

これまで戸建て住宅は、
「建物の価値は新築後20年ぐらいでゼロになる」と言われてきました。

しかし、
私たちは築後30年、50年の家でも、
構造がしっかりしていれば、
リフォームして十分に快適に過ごせる事を知っています。

更に、先ほどお示ししたとおり
国が積極的に中古住宅市場の活性化に取り組み、
住宅の価値を上げる事業を始めたのです。

ですから、
中古住宅・中古マンションを買ってリフォームしたい方は、
国の基準に基づいた、
ホームインスペクションを大切にしている業者とお付き合いください。

住宅診断(ホームインスペクション):

ホームインスペクション(住宅診断)とは、
住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場から、
また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、
おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。

耐震リフォームが必要な場合でも、
家の傷み具合で予算が大きく変わってしまいます。

しっかりした、
住宅診断(ホームインスペクション)をされて、
買った後に後悔しないようにしてください。

また、中古マンションにおいても、
現状では築年数が基になって売買されます。

こちらも、
住宅診断(ホームインスペクション)をしっかりして、
後悔のない取引をしてください。

また、
中古マンションの場合、
管理組合のあり方やルール、
自治会とのお付き合いなども確認することをお勧めします。

無料相談会

CONTENTS
お知らせいろいろ

  • 家づくりに対する想い
  • 家づくりの流れ
  • スタッフブログ
  • よくある質問
  • イベント
  • 性能と品質
  • メディア掲載・受賞歴
  • 採用情報