気密。 | 創業48年 家族との絆を紡ぐ“ちょっとかっこいい”家づくり|株式会社シーキューブ

株式会社シーキューブ
新築・リフォーム・その他お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-036-833

住宅アドバイザー
藤本龍志ブログ

気密。

こんばんは~。

最近、クーラーをつけっぱなしにしてしまい、

朝凍えているあべの店 TA2Gこと藤本です。

 

タイマー設定を行うのですが、

夜中暑くなってそのまま再度スイッチオン。

そのタイマーをかけわすれるため

朝に布団をかぶっていないと凍えています。

 

さて、本日は現在、工事進行中の私の友人の家の気密検査。

久々に私も気密測定士として参加しました。

ちなみに弊社の新卒採用組の入社後の1つの課題として

気密測定士の資格取得があります。

今年は見事全員合格!

一気に測定士が増えました。

 

そんな中で、今回の測定。

メンバー全員が測定士という素晴らしい布陣で

挑みました。

 

以前より、みんなの作業スピードや

気を付けたほうがいいことなど

今までよりはるかにレベルアップしていました。

 

後輩の成長に感動しつつもいざ計測。

 

結果は、、、

C値0.31!

 

おっ!!!

いい数字ですね~

弊社での基準としては0.5を目指していこうというのが

目標としてありましたが0.31であればすごくいい数字です。

簡単に言うと、30坪(約100㎡)のお家に家全部の隙間をあつめて

約6cm×約5cmぐらいの大きさになるんです。

これが、昭和に建てられたお家だと、

約22cm×約23cmぐらいになります。

 

これだけ気密性が高くになり、また換気も第一種換気という方式の

機械で給気して、機械で排気する形をとっているので、

より室内が快適になります!

 

これだけの数値が出ると測定中に面白いことが起きます。

開口部でまだサッシのガラスが入っていない所があるのですが、

こんな感じになります。

もうパンパンです。

それくらい隙間がない分、窓の代わりに張ったシートが

膨れ上がります。

なかなか見れない光景ですが、

気密測定ならではな感じですね。

 

今回の結果はやはり現場の大工さんと中心とした職人さんたちのおかげです。

私たちも気密性などお家の性能について学びを深めているのですが、

それに合わせて大工さんやかかわる職人さんたちが

協力してくれるおかげです。

 

本当に感謝です。

 

またこのお家のことも発信できればと考えていますので、

ぜひ、ブログ覗いてくださいね!

2019年09月9日 | 作成者: 藤本龍志
無料相談会

CONTENTS
お知らせいろいろ

  • 家づくりに対する想い
  • 家づくりの流れ
  • スタッフブログ
  • よくある質問
  • イベント
  • 性能と品質
  • メディア掲載・受賞歴
  • 採用情報