住宅ローンを払いながら貯蓄する!? | 創業48年 家族との絆を紡ぐ“ちょっとかっこいい”家づくり|株式会社シーキューブ

株式会社シーキューブ
新築・リフォーム・その他お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-036-833

あべの店店長
野口賢司ブログ

住宅ローンを払いながら貯蓄する!?

題名を書きながら、

自分自身もそんな事できるのかなぁ??

って思っている、あべの店の野口です。

 

さて、私も住宅ローンをかかえて

早いもので13年。まだ先は長いですが、

あるFPの方の記事があったのでご紹介できればと思います。

 

いや~、正直非常に耳の痛いお話です。

読んでて途中で読むのをやめたくなりました。

(要は図星という事なんです)

 

このお金のお話は、1人で頑張る!!ってものでは

ないので、是非ご夫婦で現実を直視して

進めて行かないといけないですよね~。

 

ただ、将来のお金のお話をご夫婦二人でお話するのは

難しいところがありまよね。だからこそ、

住宅を考える時、この大きな買い物をする時こそが、

いいタイミングなんです。

 

そして第三者が入る方がうまくまとまったりもします。

是非、お家づくりの際は、ライフプランをご検討ください。

 

——————————————————————————————–

住宅ローンは、最長で35年という長い間付き合っていかないといけないものです。

当然、このローン支払い期間中に、皆さんの人生では色々なイベントが起きます。

 

「子どもの進学」「車の買い替え」「繰り上げ返済」や「老後」など言い方を換えれば、

人生のイベントにはお金が付き物ですよね。

 

つまり、家を買って住宅ローンを組むということは、

ローンを支払いながら人生のイベントのために貯蓄をしないといけないということなのです。

 

家のための資金計画を多くアドバイスさせていただいていると、

収入的に見れば資金計画に全く問題ないのですが、

どうしても家計運営的に心配をしないといけないケースがあります。

 

この仕事を15年やっていてハッキリ言えることですが、

貯蓄の金額と年収は比例しません。

 

年収800万円ある家庭でも、貯蓄がほとんどない。

年収350万円でも貯蓄が1000万円ある。こんなことが本当にあります。

 

そこで今回お伝えしたいのは、実は重要なのは収入よりも、

お金の習慣なのだということです。

 

お金の正しい習慣が身についている人は、

お金の知識を正しく使い大きな決断を難なくこなしていきます。

お金の正しい習慣を身につけていない人は、

知識を手に入れても使えないどころか、逆に間違った決断をしかねません。

 

その失敗例をあげればきりがないのですが、

そういうNGなマネー習慣を持っている人の行動パターンには

いくつか特長があります。

 

そこで、NGなマネー習慣を持っている人の傾向というもの

を分析するようにしました。

 

もちろん、そもそもお金を貯めようという目的意識が低い。

というのもあります。

 

ただ、その人たちが決まってよくする口癖に、

「そんなに使っているつもりがないのにお金が貯まらない。」があります。

「外食はするけどそんなに高いものは食べない。」

「服やブランドものは買わずにしまむらユニクロばかり」という人に限って

「お金が貯まらない。」と言います。

 

それはなぜでしょう?

 

実は、こういう人たちに日頃の行動を質問すると、

共通する行動パターンが見えてきたのです。

 

まず、共通の行動パターンにATMに行く回数が多いというのもあげられます。

財布からお金が無くなる都度引き出しに行く。

このパターンの人はお金が貯まりません。

 

ATMに行く回数が多いのですが、

「一回に少しずつしか引き出しませんから」という言い訳をします。

これは、完全に計画性の無さを意味します。

 

逆に正しいお金の習慣が身についている人は、

1ヶ月に費用な金額を1回で引き出して、

それ以上は絶対使わないと決めているという人が多いのです。

 

これに似たような行動パターンでコンビニに行く回数が多いというものもあげられます。

私は地元にいる時は滅多にコンビニには立ち寄りませんが、

出張に行くとどうしてもコンビニに立ち寄るケースが増えます。

 

水だけ買うつもりが、雑誌を買ってしまったり、

ガムやアメを買ってしまったり、出張から帰ってくると、

何を買ったという訳ではないのですが、財布が寒くなっています。

 

つまり、お金の正しい習慣というのはいつの間にか使ってしまう

「使途不明金」をいかに少なくするのか?ということにあります。

逆に言えば、NGなマネー習慣とはこの「使途不明金」が

発生しやすい行動をとることになります。

 

この視点から考えるとクレジットカードを頻繁に使うのも

場合によってはNGな習慣です。

 

クレジットカードなら全部記録が残るから使途不明金がなくなるのでは?

と勘違いする人も多いのでしょうが、

これは間違いです。

 

現金を持たずに買い物できてしまうことが災いして

無駄な買い物を多くする傾向にあるからです。

 

正しいお金の習慣を持っている人の大半は実は「現金払い主義」だったりします。

もちろんクレジットのポイントや付帯サービス等メリットが大きいのも理解できます。

 

しかしそれは無駄な支払いをしないという正しい習慣が身について

初めて利用できるものではないでしょうか?

 

 

2019年10月17日 | 作成者: 野口賢司
無料相談会

CONTENTS
お知らせいろいろ

  • 家づくりに対する想い
  • 家づくりの流れ
  • スタッフブログ
  • よくある質問
  • イベント
  • 性能と品質
  • メディア掲載・受賞歴
  • 採用情報