ボード施工 | 創業49年 家族との絆を紡ぐ“ちょっとかっこいい”家づくり|株式会社シーキューブ

株式会社シーキューブ
新築・リフォーム・その他お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-036-833

工務
品川夢花ブログ

ボード施工

 

こんにちは、工務の品川です。

今日はボード施工完了後の監査に行ってきました。

 

今回の監査では、ボードの割れや欠けがないかはもちろん、

ボードを固定するビスの打ち込み位置、打ち込み深さ、ピッチ(間隔)も確認します。

 

このボード、石膏ボードというものなのですが、1つで何役もこなしてくれます。

まず、家の内部、天井と壁に石膏ボードを張ることで、防火と遮音の効果、壁紙の平な下地としての役割があります。

 

また、種類によっては、耐力壁(地震や台風など横の力に抵抗する力を持つ壁)として家の構造を強くしてくれたり、

調湿してくれたりするものもあります。

 

このように、たくさんの役割を果たしてくれる上に、施工もしやすく、建築に欠かせないものになっています。

 

ただ、画鋲やネジが固定しにくいというデメリットもあります。

 

そのため、何か固定したいときは、間柱(柱と柱の間の木)のあるところに固定するか、

その箇所に事前に木下地を入れておく必要があります。

 

DIYをする際など、下地を入れられない場合は、石膏ボード用のフックやビスがホームセンターに売っているので、

そちらを使うと便利です。

 

 

今回の監査も一部その場で大工さんに手直しをしてもらい、無事に完了しました。

 

ボードを施工すると壁が出来上がるので、家の間取りや広さ感覚がより分かりやすくなります。

棚などを取り付けてもらったら大工工事は終了です。完成までもう少し!できあがりが楽しみです。

 

2020年05月30日 | 作成者: 品川夢花
無料相談会

CONTENTS
お知らせいろいろ

  • 家づくりに対する想い
  • 家づくりの流れ
  • スタッフ
  • よくある質問
  • イベント
  • 性能と品質
  • メディア掲載・受賞歴
  • 採用情報