クロス工事の作業工程 | 創業49年 家族との絆を紡ぐ“ちょっとかっこいい”家づくり|株式会社シーキューブ

株式会社シーキューブ
新築・リフォーム・その他お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-036-833

工務
田村朱梨ブログ

クロス工事の作業工程

こんにちは、工務課の田村です。



私の学生時代のお話ですが、授業の課題のために
ショールームへよく足を運んでいました。

その中でも特に楽しかったのが

クロスのショールームでした。


シンプルなもの、可愛い柄が入ったもの、
どこに使うのが正解なんだろう?
というくらいインパクトのあるもの...

沢山ありすぎて分からない!ってなりながらも
選ぶ時間がとても楽しかったことを覚えています。



ということで、
本日はクロス工事についてお話します。


クロス工事は、大工工事が完了してから
約1週間で仕上げていきます。

お家の大きさや形によって
もう少しかかる場合もあります。


1週間程の工期ですが
石膏ボードにいきなりクロスは張っていきません。



クロスを張っていく前に
パテ処理という作業があります。



石膏ボードの継ぎ目や、ビスを打っているところに
パテを埋めていき、凹凸を無くしていきます。


------------------用語説明------------------

石膏ボード
→石膏(せっこう)を主とした板状の建築資材で
防音性、防火性が高い

ビス
→側面に溝のある小さなねじ

パテ
→ペースト状の充填材のこと

-------------------------------------------


パテは1度だけではなく、3回塗り重ね
さらに表面を削っていきます。




このパテ処理がクロス工事ではとても重要になってきます。

パテ処理が十分にできていないと
下地を拾ってしまうからです。

また、下地を拾いやすいかどうかは
クロスの種類も少し関係しています。
厚みが薄いものは拾いやすく
厚みがあるものは下地を拾いにくいです。



下地処理を終えたら、次はクロスに糊を付けていきます。
糊付け専用の機械があるので職人さんがクロスをセットし
指定の長さでカットしていきます。


クロスの糊付けが終わればいよいよクロスを張る作業です。






専用の工具を使いながら丁寧に
向きや柄をしっかり揃えて張り付けていきます。




最後に確認をして、クロス工事は完了です。







クロスを貼る前と貼り終わった後ではお部屋の印象や
明るさが全然違います。


日に日に形が出来上がっていく工事中も
お家づくりの楽しみの一つだと思います。

また現場についてのブログを書いていきますので
よろしくお願いいたします。
2020年06月8日 | 作成者: 田村朱梨
無料相談会

CONTENTS
お知らせいろいろ

  • 家づくりに対する想い
  • 家づくりの流れ
  • スタッフ
  • よくある質問
  • イベント
  • 性能と品質
  • メディア掲載・受賞歴
  • 採用情報