シックハウス症候群の原因とは? | 創業47年 家族との絆を紡ぐ“ちょっとかっこいい”家づくり|株式会社シーキューブ

株式会社シーキューブ
新築・リフォーム・その他お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-036-833

シックハウス症候群の原因とは?

いつもシーキューブのブログを見ていただいて
ありがとうございます。

住宅アドバイザーの丁(ちょん)です。

新築や改築後の住宅で起こりやすいと言われている
「シックハウス症候群」をご存知でしょうか?

シックハウス症候群は、
のどや目が痛くなったり、頭痛、めまい、吐き気などの症状が見られるものです。
場合によっては呼吸困難になり命の危険性がある大変怖いものなのです。

シックハウス症候群の原因は
住宅の高気密化が進行するにつれて、
建材や家具等から発生する化学物質や ダニ・カビなどによるものだと言われています。

特に、化学物質が含まれた建材を多く用いると
室内空気が化学物質などに汚染され、
症状が出やすいと言われています。

「今まで大丈夫だったから関係ない」と思っている人も
中にはいるのではないでしょうか?

有害物質は少しずつ蓄積され、
一定量を超えると突然症状が出てきてしまいます。

現代では、生活用品に様々な化学物質が含まれているんですよ。

例えば・・・・
家具の塗料や接着剤、衣料用防虫剤、害虫駆除剤などでも
症状はでてくることがあります。

また、住宅では遮熱性や断熱性に優れた塗装により
化学物質が外に逃げにくくなり、室内にこもってしまうのです。

ですので、もしそういった塗装を希望するのであれば
定期的に窓を開け換気をするようにしましょう。

そうすることで、シックハウス症候群を防ぎやすくなりますよ。

ご参考になりましたでしょうか?

 

また、「こんなことを教えて欲しい!」「○○って本当??」など
あれば、お問い合わせフォームまたはお電話でリクエストください。

スタッフ一同、みなさまのリクエストをお待ちしております。

 

2018年04月15日
無料相談会

CONTENTS
お知らせいろいろ

  • 家づくりに対する想い
  • 家づくりの流れ
  • スタッフブログ
  • よくある質問
  • イベント
  • 性能と品質
  • メディア掲載・受賞歴
  • 採用情報