三埜 晃輝のブログ

どのように取り入れる?光の使い方。【間接照明】2

  • 2020月08年22日
  • 投稿者:三埜 晃輝

 

事務所のある八尾市では

昨日、本日とで夕立がすごく、

雷がゴロゴロと鳴っていました⚡️

事務所に落ちるのではないかと

心配していました・・・💦



どうもこんにちは。

さんちゃんです。



さて今回は、

前回のブログの続き、

間接照明の【コーニス照明】について

お伝えしていきたいと思います!


前回のブログはこちら

→どのように取り入れる?光の使い方。【間接照明】



前回のブログお伝えしたのは、

天井に光を反射させる間接照明の手法

【コーブ照明】についてでした。



今回お伝える【コーニス照明】とは、

壁に光を反射させる間接照明の手法です。





壁面を明るくすることで、

空間をより広く感じさせることができます。



また、コーニス照明は壁面を照らすため、

照らす壁の素材感が

印象的に浮かび上がります。





さらに、ホテルなどで高級感を演出するために

カーテンレールやブラインドに取り付け、

カーテンそのものを美しく見せるといった

手法も取り入れられています。





コーニス照明を取り入れる際の注意点として、

コーニス照明を行う壁面に、

壁かけ照明やコンセントを設けないよう

注意する必要があります。



照明器具や配線器具をコーニス照明で照らすと、

その下部に影が発生したり、

コンセントが光って目立ってしまいます。




いかがでしたか?

コーニス照明はお部屋の雰囲気をグンッと

オシャレに演出してくれます!

間接照明をご検討されている方は

是非、取り入れてみてください。



本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

それではまた、

次回のブログでお会いしましょう。