株式会社シーキューブのブログ

2つをつなぐもの

  • 2020月07年11日
  • 投稿者:株式会社シーキューブ

 

こんにちは、工務の品川です。

今回は現場で使う、一般にも名前がよく知られている金物について。

 

『子は鎹』のことわざで知られる『かすがい』。

 

名前や言葉は聞いたことがあっても、実物を見たことがある方は少ないのではないでしょうか。

 

 

実物はこちら。

 

どう使うかというと

 

 

このように柱と梁などを繋いで固定するための金物です。

 

 

2つを繋ぐこの様子から、『子は鎹』ということわざが生まれたのですね。

 

 

言葉の意味だけを覚えようとするよりも、一度実物を見たほうが意味が理解できて覚えやすいですね。

まさに、百聞は一見に如かず、です。

 

 

『子は鎹』のことわざのおかげで、『かすがい』は入社してから覚えた、たくさんある建築用語や部材の名前のなかでも

恐らく唯一、一発で覚えることができた記憶があります。

 

 

建築が由来でできた言葉は他にもあるので、また今後もご紹介していきたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。