野口 賢司のブログ

阿倍野区で新築/リフォームをお考えの方に<いいお家ってどんな家 Vol.2>

  • 2021月03年05日
  • 投稿者:野口 賢司

みなさん、こんにちは。

さて、令和3年も早くも3月に突入ですね。

 

受験生がいらっしゃるご家庭は、

3月は国公立の試験や合格発表、

入学手続きそして卒業式などバタバタの1ヶ月。

まだ肌寒い日が続きます。

春までは少し時間あるので、体調にはお気を付けください。

 

ちなみに野口家はまだ受験のバタバタは未経験。

今月あるとすれば、次女の小学校卒業ですね。

中学校はそのまま公立に進むので、バタバタはしてないですが、

何となくそわそわした気持ちです。

 

さて、今回は前回の続き、

「いい家」ってどんな家?Vol.2となります。

 

さて唐突ですが、

空気の乾燥しているこの季節、火災は非常に多いですよね。

 

弊社のあべの店は阿倍野警察署、阿倍野消防署ともに近いので、

よくはないですが、サイレンの音には慣れっ子になってしまいました。

 

そこで今回の「いい家」ってどんな家の第二弾は、

火事対策になります。

 

さて突然ですが、

日本では年間どれ位の火災が発生していると思われますか??

 

令和元年の火災件数はなんと約3万8千件!!(令和元年消防庁資料より)

多い??のはわかるけど、実感わかないですよね。

これを時間に落とし込むと、

何と14分に1件の割合で何らかの火災が発生してるという事なんです。

 

そのうち建物火災が約2万1千件、

全体の半数以上。

 

こうやって考えると、火災は身近なところで

いつ起こってもおかしくない位、

発生してしまっているんですよね。

 

しかも自分は注意していても、

隣近所でまた放火などでも発生する可能性があるので、

非常に怖いですね。

 

そこで火災に強いお家づくりは、

とても大切になってきますよね。

では火災に強いお家のポイントとは、何??ってなりますよね。

そこで3つのポイントをご紹介。

 

ポイント① 隣家などから火をもらわない

ポイント② 火災が発生しても部屋から火を出さない

ポイント③ 万が一部屋から火が出ても延焼を遅らせる

 

以上の3つのポイントに基づいた対策が施された住宅とは

どんな住宅か??

 

それは

「耐火建築物」や「準耐火建築物」、「省令準耐火構造」といった

火に対する基準をクリアしたお家と考えます。

 

またこれらの基準で建てられたお家は

「ご家族の命を守るお家」であり、

かつプラスαとして、木造であっても火災保険の扱いが

耐火(T構造)扱いとなり、保険料がお安くなり、

家計にも優しいお家なんです。

 

本来、1戸建の木造はH構造(非耐火構造)扱いになるのですが、

耐火建築物・準耐火建築物・省令準耐火構造にて施工すると

T構造(耐火構造)の扱いとなり、

鉄骨住宅・鉄筋コンクリート住宅と同じ扱いになるんです。

 

保険料も証明してくれるように、火災の被害が少ない、

また延焼も抑えられるお家であるという事になるかと思います。

 

ぜひ、これからお家をお考えの方、

家族を守り、家計にも優しい、

お家づくりを是非ご検討ください。

 

それでは、また!