野口 賢司のブログ

阿倍野区で新築/リフォームをお考えの方に<お家が片付かない原因!その1-①>

  • 2021月06年18日
  • 投稿者:野口 賢司

みなさん、こんにちは。

6月も半ばに差し掛かり、

梅雨真っただ中。

 

雨・湿気でイライラされている方も

少なくないはず。

 

そんな中、

是非一石二鳥の「お片づけ」をされてみませんか?!

 

前回、片づけることによって3つのお得がありますよね、

というお話をさせて頂きました。

 

その中の1つ、

心のお得、ゆとりができてイライラが減るというお話。

 

そこで、どうせ雨やコロナで外出できないなら、

片づけを一カ所ずつでもトライしてみるのはどうでしょうか??

 

っという事で、収納王子「コジマジック」さんの講習テキストを

勉強しながら、皆さんにお伝えしていきたいと思います。

 

まずは第一ポイント。

「片付かない原因」は何か!って事なんですね。

 

原因1:「適正量」をオーバー

原因2:「定位置」がおかしい

原因3:「もったいない」の勘違い

 

大きな原因は、以上3つなんですね。

今日はその中の原因1の適正量のお話。

 

まず適正量、ちょうどいい量はどのくらいなのか??

ってところからなのですが、

そもそも適正量がどれ位なのかをどこで判断するかですね。

 

まず「適正量」とは、

家族の人数や部屋の広さ、しまうスペースの広さ、

使用頻度に対して、モノの数・量がちょうどよいかという考え方のこと。

 

実際に、「片づけが苦手」と悩む方は、

適正量をあまり意識せずにモノを買ったり、もらったりして、

お家の中に持ち込んで、その結果モノがあふれてしまっていることが

多いようです。

 

「片づけようとしても、何から始めていいかわからない」

という方は、まず適正量を意識して、今の現状よりもモノを増やさないところを

意識することが片づけの第一歩になるかと思います。

 

では自分(のお家)の適正量があっているかどうかは、

どこで判断すればいいのでしょうか?

 

そのバロメーターとして、まず、傘。

お家の中に傘は何本ありますか??

 

みなさんどうでしょうか?

長傘の適正量としては、

家族の人数×1~2本だそうです。

 

ですので、4人家族なら、

6~8本が目安になるようです。

 

これで、予備もあるので、

急な来客対応にも可能という事だそうです。

 

それ以上に傘があるお家は、

量の意識がないが為に、

ビニール傘を簡単に購入したりして、

お家の傘立てが傘であふれ、

無理に詰めすぎたために、

傘がとりだしにくい、傘がいたんだりという

ストレスが日常の中にあるのではと。

 

それ以外のバロメーターとしては、

「しゃもじ」の量だそうです。

 

炊飯器は1つなのに、

しゃもじが3つも4つもあるお家は要注意だそうです。

 

みなさん、いかがでしょうか?

 

適正量をオーバーしているご家族は、

まず今の現状から適正量を意識して、

増やさないところから始めてみませんか?

 

ちなみに、のぐち家。

傘は大丈夫ですが、

しゃもじは3つ!

 

それでは、また!

 

次回は引き続き適正量、

生活用品のモノの量についてお伝えしたいと思います。