野口 賢司のブログ

阿倍野区で新築/リフォームをお考えの方に<お家が片付かない原因! その3>

  • 2021月07年09日
  • 投稿者:野口 賢司

みなさん、こんにちは!

毎日、雨・雨・雨ですね~。

 

梅雨だから仕方ないにしても、

線状降水帯の発生は、よくないですよね。

 

あちこちで、河川が氾濫しそう、土砂崩れがおきた、

などの災害のニュースが。

 

コロナの影響でたくさんの方が、

1年・2年と苦労・我慢しているだけに、

自然災害は勘弁してほしいところ。

 

ただ、人の力で自然現象を抑制するのは、

難しい話なので、備えるしかないですね。

 

そんな自然災害に備えるための家庭版備蓄倉庫が

必要な時代。

 

だからこそ、非常用のグッズを置けるスペースを

少しでも不要なモノを整理して、

まずはスペースづくりをしたいものです。

 

というところで、

お家が片付かない原因の最後3つ目、

「もったいない」の勘違いについてお話したいと思います。

 

まず、もったいないの意味、勘違いしてないでしょうか???

というお話なのですが、もったいないとは、

モノの価値が十分に活かしきれず無駄になっている状態。

 

よくあるもったいなの感情として、

高かったから、「使うのが」もったいない、

今は使ってないけど、いつか使うだろうし、「捨てるには」もったいない。

 

まずは、「使うのが」もったいない・・・

という気持ちのお話。

 

結婚式の引き出物やお祝いで頂いた記念の品や高級品、

使うのがもったいないからと、

使われずにきれいに包装され、

ずっとしまわれている事が非常に多いようです。

 

普段は汚れたり、壊れても差し支えないものを使って、

「いつか」使う日のために、もったいないので大事にしまったまま。

この「いつか」って、一体いつなんでしょうね。

 

のぐち家にもありますが、

「いつか」って、まぁ、ないんですよね。

 

仮にその機会がきても、

どこになおしたかなぁ・・・

出すのが面倒くさいなぁ・・・

結果こましなモノで代用してたりするかもですね。

 

次に「捨てるには」もったいない・・・

という気持ちのお話。

こちらも非常に多いのではないでしょうか!

 

コジマジックさんからの教えだと、

「いつか・きっと・そのうち」は3大NGワードだそうです。

 

この「捨てるには」もったいないの代表選手。

〇ブームに乗って買った家電

〇おまけでもらったグラス

〇サイズが合わなくなった服

などがあるようです。

 

確かに、のぐち家にも使わなくなった、

ホームベーカリー、

ふわふわかき氷機、

ホットクッカーなど電化製品が場所を占領。

 

そのほかに、健康器具もありますね。

クッションマット、アブローラなど・・・

 

でも本当にもったいないのは??

そう、使わないモノのために、使うモノがしまえない、

スペースなんですよね。

 

そもそも、モノは使われてこそ!ですよね。

 

例えば、大事に保管されていた贈り物や高級品は

普段使いにして家族がちょっと優雅な気持ちを味わうもよし、

飾りなどで違う使い方をするもよし。

とにかく、活かしてあげたいですよね。

 

また「捨てるには」もったいないチームは、

最近よくありますよね、

買取をしてくれるとか、また寄付ができるところ。

 

とにかくモノは使って価値を発揮するということからすると、

我が家にあるよりも、新たな方と出会う方が、

モノにとっては幸せだったりするかもです。

 

しまっていたモノ、使っていなかったモノを

違う方法で活かす、また手放すことで、

日常使っているモノがより使いやすくなるんですよね。

 

以上、家が片付かない原因3つを、

1ヶ月にわたってお伝えしてきました。

〇「適正量」をオーバー

〇「定位置」がおかしい

〇「もったいない」の勘違い

 

是非この3つの原因を参考にいただき、

片づけから生まれる3大お得

①探し物をする時間が減る「時間のお得」

②2度買い、無駄買いが減る「お金のお得」

③イライラが減る「心のお得」

を手に入れてもらえたらなと思います。

 

私も、がんばります!!

それでは、また!