野口 賢司のブログ

阿倍野区で新築/リフォームをお考えの方に<片付の手順!こうすれば家は片付く!②>

  • 2021月09年17日
  • 投稿者:野口 賢司

みなさん、こんにちは!

さすがに9月。日中の暑さはあっても、

朝夕はだいぶと過ごしやすくなりまたね。

 

9月はなかなか忙しい月でして、

ちょっと2週ほど休んでしまいました・・・

 

9月??

って事は、もうすぐ今年も終わりですか・・・

年々、1年の経つ速さが増していると感じてはいますが、

今は、もう早歩きの時期が終わり、

駆け足の域に入ってきました。

これが、ダッシュになるんですよね、近いうちに。

 

1日1日を大切にせねばと、

改めて感じる年代の私。

 

それはさておき、本日は前回の続き。

こうすれば片づけられるの第二弾!

「出す→分ける」のお話です。

 

まずは、「分ける」前に「出す」が必要です。

この「出す」の大切なポイント!

それは全部出すということ。

 

例えば、まずはこの引き出しからと

1段の引き出しをターゲットとして決めると、

一気に全部出してしまうのです。

 

一気に全部を出すメリットは、

●モノの総量がわかる(量をコントロールするきっかけに)

●モノの重複がわかる(2度買い、3度買いの無駄を自覚できる)

●思い出にひたる時間をカット(モノの山をみると、早く片付けないと意識が変わる)

ちまちま出して1つ1つを吟味すると、思い出にひたってなかなか進まないですよね。

 

ってことで、片づける場所を決めたら、

まずは一気に全部出す!!!

 

これが大きな第一歩ですね。

 

さて、全部出したら、今度は「分ける」です。

「分ける」で大切なのは、

「分ける基準」です。

 

基準は簡単!

「使っているか」「使っていない」かの2択です。

しかも、スピーディーに判断!

 

目安は1つのモノにつき、「3秒」!

えっ!って思うもかもですが、

よく使うものは即答できるはず。

 

迷うモノは、ほぼほぼ使っていないと判断して、

間違いなしです。

 

そうは言っても、どうしても3秒で判断できない場合は、

「1年以内に使ったかどうか」という判断で決めるといいそうです。

 

さらにどうしても迷ってしまった場合、

そんな時は無理に捨てなくても大丈夫です。

 

コジマジックさんの教えだと、

ここで出てきたどうしても捨てれず迷ってしまうものは、

「優柔不ダンボール」(一時保管用)の箱を用意して、

期限を決め、目立つところに保管期限を貼り付け、

そして、段ボールも目立つところに置いておくといいそうです。

期間は目安1年。

 

春夏秋冬、1年を通じて使わなければ、

まず使わないと判断できますよね。

 

また「優柔不ダンボール」を目立つところに置いておく目的は、

早く片付けたいと判断を早めるきっかけになるからだそうです。

 

確かに、例えばリビングのテレビの横とか、

目立つところにダンボールがずっとあると、

早く片付けたくなりますよね。

 

さて、今回は以上になります。

これで、モノが出されて、使うモノと使わないモノに

分けられた状態になっていますよね。

 

次回は、これを更に分けて、しまうというところに

入っていきたいと思います。

 

それでは、また!