お役立ち情報

簡単に作れる!?快適な在宅勤務(テレワーク)ができる3WORK SPACE

 

新型コロナウイルスの影響で

よく耳にするようになった

『在宅勤務』や『テレワーク』

 

いざ、テレワークをするにしても

普段生活しているお家だとなかなか切り替えができす、

仕事のスイッチが入らないという方も多いのではないでしょうか。

 

 

そこで、

最近増えてきているのが ”ワークスペース” のご相談です。

 

リビングやキッチンの周辺にカウンター棚を1つ取り付けるだけでも、

家族の気配を感じながらも充分なお仕事スペースを確保することが可能!

 

あまり使っていない押し入れや階段下の空間を利用すると、

集中して作業のできる書斎にすることもできます。

 

今回は、

ちょこっとWORK

ながらWORK

こもりWORK

 

こちらの働き方に合わせた3つのWORK STYLEをご紹介していきます。

 

1.ちょこっとWORK

たった1枚の板でできる ちょこっとWORK

 

リビングに取り付けた大工さん手作りのカウンター。

間取りを大きく変えたりすることなくできるので、

取り入れやすい設計です。

 

戸建てでもマンションでもリフォームでも。

壁に下地が入っていれば簡単に取り付けることが可能です!

スペースがあれば、

幅や高さなど自由に決められるのでご採用していただきやすい

WORK SPACEです。

 

2.ながらWORK

家事や育児と仕事を両立!

マルチに活躍する ながらWORK

 

家事や育児とお仕事を両立させたい人にピッタリな

家族の気配を感じられるマルチスペース。

 

効率を上げながらも程よい距離感で

お仕事の環境を整えることもできます。

ちょっとした家計簿や家事をするための

プチママスペースとしても使うことも!

 

煮込み料理をしながら、

ちょっとした家計簿を作る・・・なんてこともできます。

 

家族の気配を感じながらをしたいのは大人だけではなく、

お子様がリビングで学校のオンライン授業を受けたり、

宿題をするのにもピッタリです。

 

今は、自宅での学習も増えていることもあり、

ストレスなく勉強できる環境を整えるのも人気があります。

 

階段下の小さなスペースを利用した ながらWORK。

より集中できる空間をという場合には、

作ることもできます。

 

3.こもりWORK

仕事に集中!完全分離型で集中できる個室STYLE

 

本格的にお仕事のスペースを作りたいときは、

扉付きの書斎型ワークスペースにするのもおすすめ。

 

こちらは、ご主人様の書斎。

書斎となると一部屋増えるので、

「広いお家じゃないと難しいんんじゃないか!?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、この書斎はたったの1帖。

1帖でも、収納や広い作業スペースを備えた書斎を作ることができるんです!

 

仕事をする時は集中して効率よく働き、

家族と過ごす時間は気兼ねなくゆっくりしたい。

 

照明の配線も合わせて計画することで、

プライベートと完全に分けるライフスタイルにすることができます。

 

 

 

新しい生活様式になり、

テレワークにシフトチェンジしていく時代。

これからお家づくりを進めていく方は、ぜひ書斎も一緒に作ってみていかがでしょうか!?

 

もちろんほんの少しの空間があれば

簡単にテレワークスペースを作ることができるので

作ってみたいなと思う方は、お気軽にご相談ください♪