家づくりお役立ち情報 | 創業49年 家族との絆を紡ぐ“ちょっとかっこいい”家づくり|株式会社シーキューブ

株式会社シーキューブ
新築・リフォーム・その他お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-036-833

土地探し 建築条件なし 建築条件付きの土地とは

2020年02月29日

土地の探し方

大阪市内、東大阪、八尾と、土地探しを始めると、よく目につくようになってくるかと思います。

それが「建築条件付き」という土地。

「信頼できる建築会社の選び方」のお話をするにあたって、この土地探しの段階から知っておかれた方がより良く進められますので、以下ぜひ、お読みください。

①建築条件付きの土地の言葉の意味

②業者選びのポイント

③建築条件付きの土地にタイムリミット

④安心できる業者選び。地盤について

⑤失敗しない土地選びスケジュールの前に

⑥土地選びでの合格点の決め方

注文住宅、自由設計で家を建てるぞ!と意気込んで、楽しみにスタートしたというのに、意外や意外、チラシに大きく注文住宅可と、大きい文字で書いていたにも関わらず、

「家づくり」がそうならないケースということが、あるのです。

 

建築条件付きの土地の言葉の意味

①建築条件付きという言葉の意味まずは、言葉の意味の説明から始めます。

建築条件付きという言葉、

例えば、大阪市内でいい土地が見つかったとします。

この土地がほしいという人、それであれば、土地所有の会社が指定する

決められた建築会社、工務店で建てることが条件です。

そのような「条件付き」で、土地を売りますということなんですね。

 

そうなってくると、あなたがお願いする工務店さんが本当に信頼できるかどうか?イメージに近い家づくりができる会社なのか?これが一番のキーポイントと言えると思います。

土地をもっている会社さんからの関連会社や、紹介会社さんでしょうから、安心はできたとしてもですよね。

 

②業者選びのポイント

ここでは特別に、業者選びのポイントをおしえます。

土地を探すときは、実は、そのような意味でも、まずは建築会社へ行くのがオススメなのですが・・・

「建築会社選びが大事なのはわかるけど、土地探しまでお願いする必要はほんとうにあるの?」

と、思われているかもしれませんね。

 

これは、実際に土地を探しだすと気づかれると思いますが、

実は、世の中には、一生で一番高い買い物となる自分達の家づくりでありながら、自分の好みや、理想にあった住宅会社を選べないという、なにかと不自由するだろうな、とイメージできてしまう土地も存在するのです。

 

それがこの「建築条件付き」という実態ではあるのです。

購入した土地を、土地の販売会社の指定した住宅会社、工務店で建てることが条件。

なので、まず一つに、依頼したい良い工務店を見つけても、先に土地を買ってしまうと、実はそれが建築条件付きの土地で、頼みたい住宅会社、工務店にお願いすることができなかった、なんてことが考えられるわけです。

 

しかし、それだけですめば、まだ良いのです・・・・

指定された住宅会社、工務店がどんな家づくりをする会社かわからない

 

悪質な手抜き工事などこの時代にはないと思いますが、ないとも言い切れません。

あとで、そうならないための手順をお伝えさせていただきますが、もう少し、先に必要なお話をお伝えさせていただきますね。

 

また、ネットやチラシでみる、土地+家の基本セットプランがあります。これぐらいの予算であればと、注文住宅とも書いてあるしで、問い合わせされたとします。

さて、いざ、自分たちの住みやすいようにと、要望を伝えるとものすごく高くなる、

また、不動産会社専門ですと、に設計士さんがいないような会社もあります。

そのとき営業の方が、設計士にうまく伝えられるといいのですが、伝達がうまくいきにくい場合もあるかもしれません。

また、自分の会社に発注されると決まっているからと、お客さんの意見をしっかり聞いてもらえないなどもあるかもしれません。

たとえどんな不満があったとしても、そこの家を建てる業者と契約する以外に選ぶ道がないなんてというのは、注文住宅であっても自由設計が実現されにくいそのような場合もおきやすくなることでしょう。

つまり、値段であれ、要望であれ、強気の設定をしてくる業者があまりにも多いということです。

家づくりの会社の競争がないから親切、丁寧に、あなたの家族のためのピッタリの家の提案がしてもらえない、ということがあるかもしれません。

 

また、予算オーバーになっても、後戻りできず、あなたがコツコツ貯めてきた教育資金や、老後の蓄えを切り崩すことになったら・・・

 

③建築条件付きの土地にタイムリミット

建築条件付きの土地を購入した場合、

三ヶ月以内に工事請負契約を結ばなければいけない等の決まりが設けられている場合が、意外と多いです。

この三ヶ月というのは、この間に業者と施主がプランを相談するために設けられた期間なのです。

それだけあれば十分だ、そのように一般のお方はお考えされるかもしれません。

とことが…いざ始まってみると。

「すみません、ここのところバタバタしていて・・・プランの変更についてはまた 後日連絡させていただきますね」

なんて言いながら、三ヶ月間、結局まともな打合せのないまま、そしてその状態のまま契約をするはめにも。そうなってしまうのは嫌ですよね。

間取りだけでなく、窓の位置、風の通り道、冬至、夏至の太陽の差し込み方よる明るさの把握。

収納の量を確認して、コンセントの位置を確認して、などなどそこに住まう家族仕様の、住みやすい家にしていく作業はやるべききことがたくさんあります。

土地を購入し、家の打ち合わせについて、連絡がマメにあるかないかの場面に来るまでは、みんな親切な対応をするので、残念ながら見分ける方法はありません。

 

もちろんこの三カ月以内の工事請負工事契約というような条件は、なにか絶対的な根拠があるわけではないので、簡単ではないかもしれませんが、例外的に解除する事もできます。先にお話されながら土地の契約をされることができればいいですよね。

 

大切な一生もののお家です。あせって、あとで失敗した‥。

なんてことになってことは何にもなりません。良心的な業者さんでしたら、まず、大丈夫だとは思いますが、ここは、もし、そのような事にならないためにも、念をいれて、先に確認しておくことが大切です。

 

すべての業者がずさんな工事をしたりする悪質な業者であるわけではないのです。

ただ、建築条件付きの土地にはそのようなリスクがあるんだということだけは頭に入れて、上手に交渉しながらが大切だということを知って、動かれることはお勧めです。

 

④安心できる業者選び。地盤について

安心できる業者選びについて、ここからは、不動産会社、住宅会社、と話すとき、土地を買うときにもしっておいた方が良い、家の下を支える地盤のことについてふれていきたいと思います。

まずは大手の住宅会社に家づくりを依頼するメリットのひとつに、会社固有の保証制度があることが大きいと思います。

では、自社での保証がないような、あったとしても安心できないな、というような、設計事務所や地域の工務店、住宅会社はどうしているのでしょうか。

 

この場合、財団法人住宅保証機構や、日本住宅保証検査機構(JIO)などに代表される保証会社を利用します。

 

地盤調査をして、家の強度や地盤補強に対する審査と、それらすべてに対する、保証は大切です。地盤補強の有無についても、この調査結果に基づいて決定することになります。

 

手抜き工事が心配だ、というお方も2009年10月以降は、消費者が守られるためにこのような第三者機関が保証してくれる制度に入ることが義務づけられるようになり安心出来るようになりました。

 

万が一の手抜き工事などがあったとしても、新築後10年以内にそれがわかれば、無償で直してもらえるというのがこの瑕疵担保保証(かしたんぽほしょう)というものです。

またも一つは、地盤補強に対し慎重な工務店を探すというのも大切です。

今のところ、3階建では、先にお話させていだいた、地盤調査は必ず行うようにされているのですが、2階建ては、今だ目視での確認でもOKとなっています。「2階建てであっても必ず、地盤調査されますか、」と聞くのも、その住宅会社の取り組む姿勢が表れやすい 一つの裏ワザです。

 

そして、その地盤が弱い場合、補強には現在大きく分けて3つの方法があります。

 

ひとつは鋼管杭と呼ばれる長い金属の柱を地中に打ち込むもの

値段の高くつく方法ですが、一番安心感がもてるやりかたでもあります。

 

二つ目は表層改良という方法で、これは地表近くの薄い層の下にすぐ

丈夫な層がある場合、層が薄いので、弱い層だけを掘って固めます。

 

三つ目は柱状改良と呼ばれるもので、これは、その場に深い穴を掘ってセメントを流し込み、鋼管杭のかわりにこのセメントの柱で補強をするものです。

住宅保証機構、JIOなどの保証制度ができ、地盤補強に対する安心が高まってきたのは阪神大震災以降くらいの話です。

 

 

それ以前はどうしていたかと言えば、・・・。残念ながら、地面に工事をするという認識はうすかったのです。特に私たちの住むこの大阪市内、八尾、東大阪、柏原、藤井寺近辺には、こんな問題も潜んでいるのです。

 

もちろん、土地を買ったら全ての土地に補強工事が必要なわけではありません。だからこそ、いざという時頼りになる住宅会社、設計事務所、工務店選びが重要と、そういうわけなんですね。

おまけ

⑤失敗しない土地選びスケジュールの前に

1、ライフプランをしっかり見直して、予算を組む!

住宅会社でのアプリをつかってもらったり、保険会社でシミュレーションをしてみましょう。きっとネットで無料ダウンロードのものより、より詳細で、自身の未来のお金のシュミレーションが無料でも、手にはいるはずです。

仕事のスケジュールや、進学のタイミングで、いつごろまでに、家を持つ、引っ越すのかなどいい指針になる時期の目安を持てるようになるといいでしょう。

⑥土地選びでの合格点の決め方

多くのお方が土地探しのとき大事にされる指標が4点あります。

いろいろ迷うけど、自分での土地選びに、整理したい時に便利ですので、以下の6点について、

それぞれ5段階評価などしてみられると、順位がつけやすくなると思います。

1、エリア

駅、学校区など、その地域がいいの範囲か

⑤ ④ ③ ② ①

2、利便性

スーパー、病院、コンビニなど必要な生活利便性

⑤ ④ ③ ② ①

3、大きさ

住む家の大きさに応じて変わってきます。大阪市内のこのエリアでは建蔽率(けんぺいりつ:その土地に建てられる最大の大きさ割合)70%だとか、八尾のこのエリアは60%だとかがあります。詳しくはご相談ください

⑤ ④ ③ ② ①

4、価格

手に入れたい家の大きさからのおおよそ価格。ほしい土地の価格の総合計を考慮しながらになります

⑤ ④ ③ ② ①

5、環境

周りの雰囲気、街灯や、ごみ捨て取集位置など

⑤ ④ ③ ② ①

6、道路

接道の向き、車の出入りしやすさなど

⑤ ④ ③ ② ①

これら6項目の全部に5点満点のような100点の土地は確かにないものです。

100点の土地探しで、みつからないまま5年10年となるご家族様も何組も何組も私もみてきました。

自分は、土地に何を大事に求めているのだろうか。それがわかれば、土地選びもしやすくなると思います。優先順位を知って、大事なものに順位をつけるのもいいですね。

 

そして、専門家、設計士からのここは提案ですが、

土地が例えば60点だったとしても、設計で、日当たりをそれなりに確保できたり、

創風といって、風通しを窓位置で作れたり、

建物の形が、いい動線に組めたり、

収納が隙間利用で、意外としっかり確保できたり、家づくりの設計によって、土地と家のトータルで、住み心地を考えて、土地+家トータルで100点にもっていくができるはずです。

土地探し、大変そうに今思われているかもしれませんが、このような考え方で、土地探しが、土地選びのような、住まい的には理想通りだということも十分にできることもあるかと思います。

家づくりの専門家に、土地探しからぜひ、相談してみてください。

 

文 設計事務所 株式会社シーキューブ 代表 住宅アドバイザー 安本昌巨 昭和45年生

八尾市立西山本小学校、曙川中学校卒、大阪府立布施高等学校卒 関西学院大学商学部卒、地元信用金庫を経て、父親が創業した安本建設へ入社(現㈱シーキューブ)。創業時はハウスメーカーの下請け工務店として住宅工事会社として活動。現在は地元を中心に毎年平均30棟程度の新築工事と多数のリノベ、リフォーム工事累計650棟以上のご家族様の家づくりに携わりながら、現在も継続して行っている設計事務所、工務店 の代表。FMちゃお(79.2MZ)にて家づくり悩み相談コーナーコメンテーターを担当。

 

引っ越しを安くすます方法

2020年02月29日

「さあ、引っ越しだ!」

住まい先が変わるとき、新築、建て替え、大型のリフォーム、リノベーションの時などなど。

仮住まいへの引越しなど。

必ずついてくる作業と費用。

この作業が大変で、リフォームはしたいけど、もうひっこしだけはしたくない。そのように言われるお方もおられるぐらい大変な作業。

でも同じやらないといけないことであれば、よりいい方法で、引っ越しをしたい。

今回はそんな引っ越しの費用を安くしたいと思われる方に向けての内容です。

住宅の専門家ですから、お客様からのたくさんの情報からの内容です。

お役に立てるようでしたら幸いです。

 

引っ越しを安くすませる方法は大きくは3つ

〇引っ越し業者の選び方について

〇引っ越し時期の選択について

〇荷物の量から、安くする方法

以下、住まいの専門家がたくさんみてきた、引っ越しの賢い方法、引っ越しを安くすませる方法についてお伝えさせていただきます。

 

〇引っ越し業者の選択

引越しの費用を安くするためにはなんといっても業者選びが重要となります。
良い業者を選ぶためにも、相見積もりを必ずとるようにしましょう。

そして、相見積もりをしているということを、間接的にでも良いので伝えることが大事です。

相見積もりをすることによって金額の比較を行うことができますし、

その中から安く済ませることができる業者を選ぶこと出来ます。

 

更に相見積もりをしていることを業者に伝えることで競争相手がいることを業者に意識させることができ、その結果として費用が安くなりやすくなるという効果ももちろん期待できます

そして、このような手間を掛けるのが面倒という方、一括見積もりサイトを利用するのが最も手っ取り早い方法です。

一括見積もりサイトであれば、一括見積もりを受けているということが相手にも伝わるので、自然と他者を意識した見積もりをもらうことができるので費用を安く済ませやすくなるのです。

ただ営業の圧力は強めです。費用を払って、家にあがってもらうのですから、人柄も大切なポイントではあるかと思うのですが、そのような感じの営業の方もおられることは、少しご理解した上で利用いただけたらと思います。

 

 

 

〇引っ越しの時期について

また、もうひとつ大切なことが時期です。

実は時期というのが安くするためには見落とすことが出来ないポイントでもあるのです。

引っ越し会社さんの一番忙しい時期はいつでしょうか。

そのように質問されると、皆さん答えがわかるでしょう。

そう、3月と4月。この時期は入学、就職、また会社での移動も重なり法人需要と、引っ越し業者さん自体てんてこまいなのです

猫の手も借りたい忙しさから、アルバイト人員の給料も高くしてでも人手を集めなくてはなりません。

それでも需要は減りませんので、引っ越し費用は高止まりなのです。

その点、閑散期であれば売り上げ確保のために価格交渉もしやすいのです。

このような時期に引越しをするのであれば、積極的に交渉をしてみると良いでしょう。

一番忙しい時期と、そうでないとき、同じような荷物量でも、半額くらいの金額差をみたこともあります。

 

〇荷物の量から、安くする方法

安くする方法として、ダンボールの数を減らす方法が有ります。

当たり前だと、思われるのはもっともですが、ここでは、荷物を減らす、新居に移ってからも、収納からあふれて困らないためにもお伝えさせていただきますね。

引越し費用はダンボールの数、重さによってコストが上下します。

まず、ダンボールの数を少なくする努力が必要です。

では、どうすればダンボールの数を減らすことができるのでしょうか。

 

それは必要なものと必要のないものをしっかり分けることです。

不要な大型家電や家具はリサイクルに出します。

裏技的には新居近くのリサイクルショップでいいもの見つけておいて、新居へ移るとき、

その新しい地元のリサイクルショップで「いいもの家電」を購入すればその分、引越しの際の荷物は減ります。

なるべくものを処分、そして引越し先で、新たにリサイクルショップを開拓。必要なものは地元で揃えるようにするという方法です。

 

次は、引っ越しの荷造りをするときのもっていくのか、もっていかないのか。

例えば、しゃもじを例にとってみましょう。いくつ今に家にありますか。

初めからあった一つに、旅行先で、気にいったものが1つあって、たまたま友達からもらった1つと、合計3つあったしましょう。

さて、しゃもじは3つ使うことはあるのでしょうか。一つで充分ではあるのです。

譲って2つあれば十分なのです。では、どれか一つのしゃもじはお疲れ様でしたと、今回を機に引退いただきましょうと、言われます。言われますと、いったのは、実はテレビなどにもよく出ておられる、ある有名な収納アドバイザーの先生から私が言われた言葉でもあるのです。

収納をそのとき教わろうと思った私が、一番初めにもらった教えは、収納方法ではなく、実は、断捨離の方法でした。

 

荷物は少なく、最小限にすることでダンボールの数を減らす、引越し費用を安くすることができるのです。さらには、新居の収納がすっきりしまえる。

賢く荷物を整理して、なるべく安く引越ししましょう。

はじめの荷物が少なければ、荷造りも、荷ほどきも簡単になり、引越しも手軽になりますよ。

荷物をたくさん持つのではなく、厳選することも大切なのです。

文 設計事務所 株式会社シーキューブ 代表 住宅アドバイザー 安本昌巨 昭和45年生

八尾市立西山本小学校、曙川中学校卒、大阪府立布施高等学校卒 関西学院大学商学部卒、地元信用金庫を経て、父親が創業した安本建設へ入社(現㈱シーキューブ)。創業時はハウスメーカーの下請け工務店として住宅工事会社として活動。現在は地元を中心に毎年平均30棟程度の新築工事と多数のリノベ、リフォーム工事累計650棟以上のご家族様の家づくりに携わりながら、現在も継続して行っている設計事務所、工務店 の代表。FMちゃお(79.2MZ)にて家づくり悩み相談コーナーコメンテーターを担当。

住宅展示場 プロが教える花博住宅展示場(大阪鶴見)のただしい回り方

2020年02月29日

住宅展示場

プロが教える花博住宅展示場(大阪鶴見)のただしい回り方

「マイホームを建てたい!」と思った時に、まずどんなことをすれば良いのでしょうか?

・ネットで家についての情報を集める

・不動産屋に行く

・近所のオープンハウスに行ってみる

 

このように、マイホームについて情報収集する方法はたくさんあります。

ひとつの方法に、まずは数多くのモデルハウスが集まる住宅展示場を見学してみる。このようなお方も多いと思います。

なぜなら、住宅展示場では実際にモデルハウスを回りながらスタッフの説明を聞き、マイホームのイメージを膨らませることができそうだからですよね。

 

ただし、何の準備もなく住宅展示場に足を運んでも、

「まずどこから見ればいいのか、何を相談すれば全く分からない!」ということになってしまいます。

せっかく住宅展示場に行くのであれば、ポイントをおさえて効率的に情報収集したいですよね。

 

そこで今回は、大阪にある人気の住宅展示場「花博住宅展示場」の正しい回り方について建築士のプロの目線で徹底解説します

住宅アドバイザーとして、建築士として、実際のプロが住宅展示場をまわるなら、の賢い展示場の活用方法を、以下のポイントについてお伝えいたします

「住宅展示場ってそもそも何なの?」というところから、住宅展示場で見ておくポイント、

さらに、おすすめのハウスメーカーも紹介しますので、ぜひ本記事を読んでから住宅展示場に足を運んでみてくださいね

今回は、以下のポイントに絞ってお話させていただきます

〇アクセス方法

〇千里住宅公園展示場の特徴

〇千里住宅公園展示場の見学の方法

〇住宅展示場に行くまえの事前の準備

〇展示場に行くとき便利なアイテム

〇見学のときの抑えておきたいチエッツクポイント

〇住宅展示場と、住宅展示場に出展していない住宅会社は、どう違う

住宅展示場って何?

 

そもそも、住宅展示場は何をするところで、誰が運営しているのでしょうか?

 

一般的に住宅展示場は、土地の選定や企画を行う運営会社によって管理され、

そこにハウスメーカーがモデルハウスを建設します。

 

複数のメーカーのモデルハウスを一か所に集結させることによって、マイホームの購入を考えている人は実際にモデルハウスを見学しながら、メーカー毎の家の特徴を知ることができます。

そして、メーカーにとって住宅展示場は、住宅のデザイン性や性能の高さをアピールして見込み客とコミュニケーションを取る営業活動の場になっています。

 

モデルハウスを一つ一つ見て回るだけでも楽しいものですが、

住宅展示場では、さらに住宅ローンの無料相談会や住まいに関するセミナーなど、マイホームの購入を考えている人に役立つ数々のイベントが開催されています。

また、週末にはお子様が楽しめるようなウルトラマンショーやセーラームーンのようなイベントも開催されているので、家族で出かけても楽しめます。子育て世代で、家をお考えのお方にとっても、子供に歓んでもらいながら、いろんな住宅もみることができます。様々なイベントの情報については、花博住宅展示場のホームページをチェックしてみましょう。

 

住宅展示場と地元工務店の現場見学会の違い

住宅展示場を訪れる以外にも、マイホームの購入を考えている人がハウスメーカーの家を見学する方法があります。それは、地元工務店の現場見学会に参加することです。

 

モデルハウスを出展するには多額の費用がかかるため、住宅展示場で見られるのは大手ハウスメーカーのモデルハウスが中心となります。

一方、地元工務店の現場見学会は、実際に顧客から注文を受けて建設した家を一般の人に見学してもらうという形式を取っていることが多いものです。地元の目当てのハウスメーカーがある程度絞られている場合は、そのメーカーが建設した家を重点的にチェックする事ができます。

また、実際に住む人からの注文されたお家などですと、土地の制約や、資金の制約がるなかでの提案になるかと思うので、あくまで現実的な、モデルハウス以上にハウスメーカーの現実的な提案の実力をみるのには、適していることもあるでしょう。

 

住宅展示場のメリット

 

・一度に多くのメーカーのモデルハウスを見学できる

 

・大規模な住宅展示場にはマイホームの購入について無料で相談できるスタッフがいる

 

・子供向けのイベントや来場者プレゼントなどの特典がある

 

住宅展示場の最大のメリットは、一度に数多くのモデルハウスを見学できることです。家を建てる上で特に気になる部分をピックアップして重点的に比較することで、候補となるハウスメーカーを絞り込んでいくことができます。

 

ただし、基本的に住宅展示場に出展しているハウスメーカーは営業活動を目的としているため、説明が長くなる傾向があります。また、住宅展示場のモデルハウスは通常の一軒家よりもかなり大きめに作られ、オプションがたくさん付いている「豪邸」であるということを理解しておく必要があります。

 

現場見学会のメリット

 

・現場見学会には「構造見学会」というものがあり、完成前の家を見学することができる

 

・これから実際に人が住む家なので、過度なオプションが付いていない標準仕様での家の様子が確認できる

 

・実際に家を注文した人にハウスメーカーや工務店についての感想を直接聞くことができる

 

現場見学会では一度にたくさんのモデルハウスを見ることはできませんが、現場見学会ならではのメリットもたくさんあります。そのうちの一つが「構造見学会」です。構造見学会に参加すると、住宅展示場では見ることができない完成前の家の様子を確認することができます。また、オプションが付いていない標準仕様の家を見ることができるのも現場見学会の特権と言えます。

 

さらに、家を注文した人からハウスメーカーや工務店についての率直な感想や家づくりのポイントについて聞くことができます。ただし、現場見学会で見学する家は「モデルハウス」ではなく「新築の他人の家」なので、マナーを守って見学することが大切です。

 

花博住宅展示場の特徴

 

花博住宅展示場は大阪市鶴見区に位置し、30棟ものモデルハウスを公開している大規模住宅展示場です。もうすぐ25周年を迎える老舗で、地元ではすっかりおなじみの住宅展示場です。

そんな花博住宅展示場へのアクセス方法と基本情報を紹介します。

 

花博住宅展示場へのアクセス

 

・花博記念公園ハウジングガーデン

 

所在地 〒538-0037

大阪市鶴見区焼野1丁目南2番

TEL 06-6915-3571
営業時間 10:00~18:00
駐車場 無料駐車場完備
定休日 センターハウスは毎週水曜日

(ご覧いただけるモデルハウスもあります)

交通のご案内 【マイカーなら】

近畿自動車道「門真出口」または「大東鶴見出口」中央環状線「花博記念公園口」交差点西へすぐ

 

第二京阪経由で約30分

第二阪奈経由で約28分

阪神高速15号堺線、13号東大阪経由で約33分

西名阪自動車道、近畿自動車道経由で約32分

 

【電車・バスなら】

大阪メトロ長堀鶴見緑地線「鶴見緑地」駅から徒歩6分

 

引用:一般財団法人 大阪住宅センター

花博住宅展示場の3つの特徴

 

① 公益事業として展開している

 

花博住宅展示場は、「一般財団法人 大阪住宅センター」が運営しています。一般財団法人が運営する住宅展示場なので、中立・公平な立場で来場者にアドバイスをしてくれます。ハウスメーカーの人に直接聞きにくいことも気軽に相談することができますよ。

 

② 住まいの専門家が相談に応じてくれる

 

花博住宅展示場には資格を持った相談員が常駐しており、マイホームに関する疑問や悩みを気軽に相談することができます。

 

【相談例】

 

  • 自分の好みに合うモデルハウスを紹介
  • モデルハウス見学のポイント
  • 土地の見つけ方(土地に関すること)
  • 住まいづくりの進め方
  • 工法について

 

一般相談の場合、事前予約は必要ありません。ただし、税金相談・法律相談・資金計画相談会は予約した人が優先となります。

 

「無料だと後から営業の電話がしつこくかかってくるかも…」と思うかもしれませんが、花博住宅展示場は一般財団法人が運営しているため、フォローアップの営業は一切ありません。行政とも連携しているので安心して相談できます。

 

③ 年間約1,000件の相談実績

 

豊富な相談実績を誇る花博住宅展示場では、家づくりを検討している方に最適な提案を行い、納得・安心の住まいづくりができるようにサポートしています。

まずはセンターハウスへ

 

花博住宅展示場には駐車場が4カ所あります。車を止めたらまず最初に行ってほしいのが、資格を持った相談員がいる「センターハウス」です。「具体的なことが何も決まっていない!」という方でも、住まいづくりの小冊子を使って家のイメージから一緒に考えてくれます。

 

「二世帯住宅のモデルハウスを見たい」「3階建ての家がいい」など具体的な要望が決まっていれば、センターハウスの相談員がおすすめのモデルハウスを紹介してくれます。

 

センターハウスは毎週水曜日が休館日で、営業日の相談受付は17時までとなっています。ベビーシートや授乳室も完備されているのでぜひ活用してください。

住宅展示場の効果的な見学方法

 

ここからは、プロの目線から住宅展示場の効果的な見学方法を伝授します。住宅展示場は気軽に立ち寄ってモデルハウスを回るだけでも良いのですが、せっかく足を運ぶのであれば家を建てるために必要な情報を効率よく収集したいですよね。目的に合わせた下準備をしていくことで、住宅展示場で過ごす一日を「ただ見るだけ」では終わらない充実した日にすることができますよ。

予算や譲れないポイントなどを整理しておく

 

マイホームはお金を掛ければ掛けるほど豪華になりますが、すべての希望を叶えるのは現実的に難しいですよね。ある程度予算を決めておくことによってハウスメーカーを絞り込み、効率よく見学することができます。

 

また、たくさんのモデルハウスを見れば見るほど「何を基準に決めれば良いのか分からなくなってきた」ということが起こり得ます。「ここだけは譲れない」というポイントを決めて優先順位を付けておけば迷った時に何を切り捨てるべきかが明確になりますよ。

一日に回るのは3棟まで

 

花博住宅展示場には30棟ものモデルハウスがあります。そのため、「まずは端から攻めていこう」とはりきって回り始めても、とても全てのモデルハウスを回りきることはできません。

小さなお子さんがいる場合は途中で飽きてしまうかもしれないので、なおさら長時間の滞在は難しいですよね。

 

プロがおすすめする住宅展示場の周り方は、「一日に回るのは3棟まで」を基本にすることです。1棟目を見た段階でかなりの情報量になるので、「見過ぎないこと」も大切です。

 

まずはセンターハウスで相談員のカウンセリングを受けて、「3棟ほど見学したいのですがおすすめはありますか?」と尋ねれば目的に合ったモデルハウスを紹介してもらえます。

時間を選ぶ

 

住宅展示場は週末が最も混雑し、特に日曜日の午後にはたくさんの人が訪れます。「聞きたいことがたくさんあるので相談員にゆっくり話を聞いて欲しい」という方は平日の午前中を狙って訪問するといいでしょう。ただし、平日は週末よりも早めにクローズするモデルハウスもあるので早めに出かけることをおすすめします。

ハウスメーカーの下調べをしておく

 

ハウスメーカーの候補が決まっている場合は、事前に公式ホームページなどから資料を取り寄せて、建設費用やこだわりのポイントなどを下調べしておきましょう。住宅展示場にもパンフレット等の資料は用意されていますが、その場で資料に目を通すよりも予め見るべきポイントを確認しておいてから住宅展示場に出向いた方が効率的です。

見学する上で必要な持ち物を準備する

 

住宅展示場を訪れる際は、次のような持ち物を準備しておくと便利です。

 

・スマートフォンもしくはデジカメ

 

住宅展示場はスマートフォンやデジカメで家の内部を撮影できるところが多いので、カメラは必ず持っていきましょう。撮影する際はスタッフに一声掛けるのがマナーです。

 

・メジャー

 

住宅展示場のモデルハウスは通常の一軒家よりもかなり大きめに作られていることが多いです。

予め現在自分が住んでいる家の玄関や浴槽などの寸法を測っておいて、モデルハウスのものと比較できるようにしておくと便利です。

 

・筆記用具とメモ帳

 

気になるポイントを書き留めておくための筆記用具とメモ帳も必要です。

スマートフォンをメモ帳代わりにすることもできますが、素早く多くの情報を残すには、やはりペンとメモ帳が一番です。

 

・トートバック

 

住宅展示場では回った先々でモデルハウスの資料を渡されるので、大量の資料を持ち帰るためにトートバックなどの大きめのバックも用意しておきましょう。

 

また、モデルハウスを回る際にはスリッパに履き替える必要がありますので、なるべく脱ぎ履きがしやすい靴を履いていくことも重要です。女性の場合は素足で床の感触を確かめられるように、ストッキングではなく、その場で脱ぐことができる靴下を履いていくのがおすすめです。

各モデルハウスで確認するべき3つのポイント

 

いざモデルハウスを回る段階になったら、次のような点を意識して見学してください。

 

ポイント① 担当者の対応

 

モデルハウスには案内役のスタッフが常駐しています。まずは笑顔で挨拶をしてくれるかどうか、話しやすい雰囲気かどうかなど、基本的な対応をチェックしましょう。

案内役のスタッフはハウスメーカーの「顔」です。マイホームという高額な買い物をする見込み客に対しての接客態度はメーカーを選ぶ上での重要な判断材料になります。ファーストコンタクトでの担当者の印象をよく覚えておきましょう。

 

そして、担当者の説明の仕方も大切なポイントです。

住宅展示場を訪れる人の中で建築について専門的な知識を持つ人はほとんどいないでしょう。そのような見込み客に対して、専門用語を使わずに分かりやすく家の特徴を説明できるスタッフを持つハウスメーカーは信頼できます。また、屋根裏や床下、基礎部分などの見えない部分についても積極的に質問して、ごまかさずにしっかりと回答してくれるかどうかを確認しましょう。

 

ポイント② 実際の生活をイメージして様々な場所に触れてみる

 

モデルハウスに入ったら、見るだけではなくドアや収納など様々な場所に実際に触れてみましょう。

「台所のシンクが高すぎる」「段差が気になる」など、実際の生活をイメージして動いてみることで見えてくることもたくさんあります。

 

ポイント③ どこまでが標準仕様なのかを確認する

 

住宅展示場はハウスメーカーが自社のデザイン性や住宅のクオリティの高さをアピールする営業活動の場です。そのため、住宅展示場に建設されているモデルハウスは標準仕様よりも広く、豪華な作りになっていることがほとんどです。住宅展示場のモデルハウスと一般的な一軒家の大きさを比べてみると全く違うことが分かると思います。

 

オプションで豪華な作りになった一軒家がそのままマイホームになる訳ではないので、「思っていたのと違った」という失敗を防ぐために、どこまでが標準仕様の設備なのかを現場のスタッフに確認しておきましょう。

 

家のつくりをチェックする上でのポイント

 

それでは、実際にモデルハウス内を見学する際に役立つチェックポイントを説明していきます。細かく挙げればこれ以外にもチェックポイントはたくさんありますが、理想のマイホームを実現するためにこちらで紹介する項目は必ずチェックしておきましょう。

① 玄関

・広さ → 靴を何足か並べられる広さがあるか?

・段差 → 高すぎないか?

・収納 → 家族全員分の靴を収納できる大きさか?

・床のタイル → 標準仕様なのかオプションのタイルなのか?

 

② 台所

・シンクの大きさ → 洗い物などの作業をする上で十分な大きさと深さがあるか?

・収納 → 鍋や調味料の収納場所が作業導線に沿っているか?

・作業台の高さ → 作業台の高さは身長に合っているか?合わない場合は変更できるのか?

・高いところの収納の高さ → 楽に物が取り出せる高さか?

 

③ 内装

・壁や床の種類 → 標準仕様なのかオプションなのか?

・床の傷つきやすさ → 実際に床を触ってみて柔らかすぎないか?

④ 扉や障子

・扉の重さ → 無理なく開閉できる重さか?

・取っ手の持ちやすさ → 自然に手を掛けられる大きさか?

・開閉音 → 静かに開閉できるか?

 

⑤ サッシ

・構造 → 標準仕様が何重構造なのか?

・素材 → 結露に強い素材か?

 

⑥ バスルーム

・浴槽の広さと深さ → 大人が足を伸ばせる広さで子供でも安全な深さか?

・床暖房 → 床暖房は標準仕様かオプションか?

・段差 → 余計な段差はないか?

・手すり → 浴槽から出入りする際につかまる場所はあるか?

 

モデルハウスで質問する時のテクニック

 

ここからは聞きかたの方法のお話です。

まずは価格。家を購入する上で坪単価は非常に気になる項目ですよね。ただ、「坪単価はいくらですか?」と聞くだけでは不十分だということをご存じでしょうか?

 

実は、坪単価には建物の価格のみを坪数で割った「安い坪単価」と、工事費など家の建設にまつわる費用を全て含めた価格を坪数で割った「高い坪単価」の2種類があります。

 

営業マンとしては坪単価を少しでも安く見せたいという心理があるので、「坪単価はいくらですか?」と聞かれた場合、安い方の坪単価を答えることがあります。嘘を付いている訳ではないのですが、家を購入する側としてはあまり納得のいく答えとは言えませんよね。

 

坪単価を尋ねる際は、次のように項目を分けて細かく質問することでトラブルを防ぐことができます。

 

・建物の価格のみの坪単価

・諸費用含めたトータルコスト

・外構(お庭)のコスト

・家電やカーテンなどの建物以外のコスト

・水道引きこみなど、住めるようになってまでのコスト

 

建築について知識がない人であっても、マイホーム購入で失敗しないために最低限の知識は必要です。

特に、住宅の価格の内訳は事前に調べておいた方が無難です。

 

おすすめのハウスメーカー

ここまで、住宅展示場を見学する際のポイントをお伝えしてきました。

準備が整ったらいざ住宅展示場に出発です!最後に、花博住宅展示場へ見学に行こうと考えている方に向けておすすめのハウスメーカーを2社ご紹介します。

 

どこも決まっていないなら業界No.1「積水ハウス」

 

2018年の建築戸数が43,735戸という圧倒的な実績を誇る業界No.1のハウスメーカーです。また、高い断熱性能と先進の設備機器による「省エネ」「創エネ」でエネルギー収支をゼロにする「グリーンファースト ゼロ」の採用率79%を同年に達成しています。

 

参照:積水ハウスの住まいづくり

 

積水ハウスは、「これからの家は、万一のときにも安全で、今も将来も心地いいこと」が大切だと考えています。科学的に実証した構造性能や居住性能はもちろん、数値化できない快適実感や目に見えない健やかさも重要視しています。

 

また、積水ハウスのマイホームは「邸別自由設計」で、依頼者の家族構成やライフステージ、ライフスタイルに合った家づくりを提案しています。

 

積水ハウスの「シャーウッド花博展示場」では予約来場フェアなどが開催されています(たとえば2019年10月5日(土)~11月24日(日)まで2,000円分のQUOカードがもらえるなど)。

 

Webで事前予約をした上で来場すると2,000円分のQUOカードがもらえます!そんなことを随時開催してくれています。ぜひチェックしてください。

 

来場予約はこちら↓

【シャーウッド花博展示場】展示場ご来場予約

 

断熱・性能なら「一条工務店」

 

次におすすめするハウスメーカーは「一条工務店」です。断熱性能に定評があるハウスメーカーで、「外内ダブル断熱構法」という高断熱構造を採用しています(対応商品:アイ・スマート)。

 

外壁だけでなく天井や床までの家全体を高性能断熱材で包み込み、圧倒的な断熱性能を実現しました。外気温の影響を受けやすい開口部にも断熱効果の高い住宅部材を採用し、「まるで家全体が魔法瓶で包まれたような」高断熱な住まいを提供しています。

 

また、一条工務店は「モデルハウス仕様」が「標準仕様」になっているのも大きな特徴です。特別感のあるモデルハウスの仕様も一条工務店ではそのほとんどがはじめから家の単価に含まれる標準仕様なので、安心して依頼することができます。

 

花博住宅展示場にある一条工務店のモデルハウスも、Webで事前予約を行うと1,000円分のQUOカードがもらえます。

 

来場予約はこちら↓

花博住宅展示場【一条工務店】展示場ご来場予約

まとめ

 

今回は、大阪にある人気の住宅展示場「花博住宅展示場」の正しい回り方についてプロの目線で徹底解説しました。住宅展示場に足を運ぶ前に少しだけ準備をしておくことで効率的に情報収集ができるということがお分かりいただけたと思います。

本記事で紹介した内容が皆さんのマイホーム建設への素敵な第一歩になれば幸いです。

 

そして有名ハウスメーカーだけでなく、地元で広告宣伝費を押さえて、まじめに家づくりをおこなっている、素敵な地元ハウスメーカーや、設計事務所、工務店などもたくさんあります。

そんな有名ハウスメーカーでなくとも、プランの自由度が高かったり、予算に合わせてコスト調整が可能だったり、と、きめ細やかな対応力が魅力の会社もあります。

ぜひ、デザインや家の性能が気になる地元メーカーも、1社加えて見て比べてください。

文 設計事務所 株式会社シーキューブ代表 住宅アドバイザー 2級建築士 安本昌巨

八尾市立西山本小学校、曙川中学校卒、大阪府立布施高等学校卒、関西学院大学商学部卒、地元信用金庫を経て、父親が創業した安本建設へ入社(現㈱シーキューブ)。創業時はハウスメーカーの下請け工務店として住宅工事会社として活動。現在は地元を中心に毎年平均30棟程度の新築工事と多数のリノベ、リフォーム工事を継続して行っている設計事務所、工務店 の代表。FMちゃお(79.2MZ)にて家づくり悩み相談コーナーコメンテーターを担当。

住宅展示場 プロが教える千里住宅公園展示場(大阪)ABCハウジングの正しいまわり方

2020年02月29日

住宅展示場

プロが教える千里住宅公園展示場(大阪)ABCハウジングの正しいまわり方

 

「家を建てよう」「家づくりの依頼先にはどんな会社があるのかな」と、

注文住宅が気になり始めたら、まずは行ってみるのが、住宅展示場です。

住宅展示場は、家づくりに欠かせない最新の情報と最新の設備が体感できる

モデルハウスが集まった場所です。

家づくりを計画されているなら、住宅展示場は最も身近にある情報源とも言えます。

納得のいく家を建てるために、住宅展示場を賢く活用してみてください。

今回紹介する千里住宅公園ABCハウジングは、千里モデルハウスとも呼ばれる、

大阪府吹田市にある、関西圏最大級の総合住宅展示場です。

憧れの注文住宅への第一歩として、まずは千里住宅公園へ行ってみましょう。

住宅アドバイザーとして、建築士として、実際のプロが住宅展示場をまわるなら、の賢い展示場の活用方法を、以下のポイントについてお伝えいたします。

〇アクセス方法

〇千里住宅公園展示場 千里モデルハウスの特徴

〇千里住宅公園展示場の見学の方法

〇住宅展示場に行くまえの事前の準備

〇展示場に行くとき便利なアイテム

〇見学のときの抑えておきたいチエッツクポイント

〇住宅展示場と、住宅展示場に出展していない住宅会社は、どう違う

 

千里住宅公園へのアクセス方法

場所は、大阪モノレール「万博記念公園」駅を降りてすぐ。

車で行かれるなら、万博記念公園外周道路沿いにあるため、

ABCハウジング駐車場か、万博公園の「南第3駐車場」の利用が便利です。

 

 

千里住宅公園の特徴

 

千里住宅公園のコンセプトは、これからの住まいや暮らしを考えた、

人や身の周りの自然、地球環境にやさしい「環境共生住宅」です

 

会場には「環境共生」の考え方を取り入れた住宅が多数展示されています

 

近畿圏でも最大級の広大なスペースで、ゆったりとした見学環境が魅力の住宅展示場ですが、

言い換えると、1日ではまわり切れないほどの広さでもあります

思いつくままに見学するだけでは時間がとてもかかり、くたびれてしまいます。

 

しかも、千里住宅公園に出展しているハウスメーカーの数は30社

それぞれ、「今家を建てるなら、こんな家がおススメです!」とアピールし、

各社のウリが詰まった選りすぐりの提案が盛り込まれた自信作が展示されています。

 

一社で、コンセプトの異なる複数棟を展示する大手ハウスメーカーも多く、

現在、千里住宅公園には55棟ものモデルハウスが展示されているのです。

 

つまり、効率よく見学してまわるためには、ちょっとしたコツが必要になるのです

住宅アドバイザーとして、建築士として、実際のプロが住宅展示場をまわるなら、の賢い展示場の活用方法をお伝えいたします

 

 

千里住宅公園の効果的な見学方法

 

最初に向かうのは

 

初めて来場されたなら、まずメインハウス(総合案内センター)へ向かいましょう。

メインハウス(総合案内センター)は、これから家づくりを始める方のための情報発信ステーションです。

親切なスタッフが常駐し、モデルハウスのまわり方やポイントを、

わかりやすくアドバイスしてくれます。

 

 

見学は1日3邸までがベストでしょう。

 

モデルハウスには、それぞれの会社の営業マンが待機しています。

営業マンは自分たちのモデルハウスを見学するお客様に同行し、

モデルハウスの特徴や魅力、自社のウリの説明をおこなうのが、通常の流れです。

つまり、いくつものモデルハウスを見学し、それぞれのモデルハウスで

営業マンから説明を聞くとなると、それだけでとても大変です。

また、営業マンは、座ってお話できる機会を上手にさそってきて、一度座り込むと平均2時間程度の石化客時間、またはそれ以上も接客されて、他を見る時間がとれなかったという話もよく聞きます。

そんな時間から計算すると、MAX3社になるかと思います。

また、時間以上に、いろんな情報がはいってきて、どの住宅会社の話であったのか分からなくなってきたり、一緒に連れて行った子供さんが、待つ根気が持たなかったりで、意外と大変でもあります。

 

ですので、まずは、行く前に、事前に見学したいメーカーをある程度絞っておき、

そのモデルハウスを中心に見学してまわるほうが効率的だと言えます。

住宅展示場に行く前に、まずは、インターネットや情報誌、チラシ、テレビCMなどで、自分がいいなと思う住宅会社の目ぼしがつくようなレベルまでは、情報収集をしておきましょう。

 

 

予算や要望を決めておく

 

事前に見学したいメーカーをある程度絞っておき、

そのモデルハウスを中心に見学してまわるほうが効率的だとは言っても、

自分たちでは絞り込めない、

自分たちに合う会社やモデルハウスがわからない、という方も。

そんな時は、住宅展示場の中にある総合案内を利用してみましょう。

 

その際、予算や要望を伝えることができると、

希望に沿ったモデルハウスや会社を紹介してもらえます。

今はまだ漠然とした状態でも大丈夫ですので、

どんな依頼先だったら楽しく家づくりができそうか、について

イメージを膨らませておきましょう。

 

 

○○ならこの会社。特徴のある会社から

 

特にこだわりがないなら、業界NO.1の「積水ハウス」

鉄骨ALC造なら「旭化成へーベルハウス」

RC造なら「ヤマダホームズ」「高松建設」

輸入住宅なら「スウェーデンハウス」「セルコホーム」

断熱性能なら「一条工務店」

蔵のある家など大収納空間なら「ミサワホーム」

 

千里住宅公園に出展しているハウスメーカーの中には、

特徴のある家づくりを行っている会社も。

○○ならこの会社、といわれるような特徴がある会社の

モデルハウスを目指して見学するのも良いでしょう。

 

 

住宅展示場に着いて、モデルハウスで確認すべきこと

 

モデルハウスは自由に見学が可能です。

疑問・質問はその場で、モデルハウスにいる営業マンにどんどん聞いてください。

その際、メリットについてだけではなく、デメリットについてもきちんと説明ができるか、

知らないことを、はぐらかさずに、きちんと調べて回答してくれるかなど、

営業マンの対応を見極めてください。

 

家づくりにおいて、営業マンはパートナーです。

自社にとってウリになることばかりアピールするのではなく、

良い面、悪い面、それぞれを客観的に把握できている知識を持ち合わせ、

家を建てる側の立場や、気持ちになって対応できる方なのか、誠実さがあるのかどうか。

家づくりを検討している以上、納得がいくまで情報を集めて、不安を解消していきましょう。

そして、その想いに誠実に向き合ってくれる営業マンを見つけてください。

大変に思われるかもしれませんが、大丈夫です。

先に「すいません、ちょっと私、家づくりが大好きで、ちょっと細かいかもしれません」

このように言うだけでも、大きな効果が発揮されるでしょう。

家づくりの大変さを理解している住宅営業のかただったら、理解して、それはそうですよねと、言ってくれたあとも、丁寧に対応してくれるでしょう。

反対に、面倒くさいお客さんが来たなと思うような住宅営業マンでしたら、愛想笑いしながら、距離をとってこられるでしょう。

そのような住宅営業マンレベルでしたら、これからのお話もきっと、丁寧に対応してもらえる期待は薄いです。

たった一言ですが、けっこう効果的なセリフでもあるので、よかったら、ぜひつかってみてください。

 

 広さに惑わされない

 

広い敷地にゆったりと建築された邸宅、開放感溢れるのびやかなリビング。

この広さは、住宅展示場だからこそのスペシャル仕様です。

千里住宅公園のモデルハウスの延床面積は60坪クラスが大多数。

実際に建てるお家のサイズ感では実現できないことが多いため、

広さに惑わされないようにしましょう。

 

豪華な設備に惑わされない

 

千里住宅公園のモデルハウスは、魅力的に見えるように

豪華なインテリアや最新設備を搭載した家を展示しています。

たくさんの住宅会社が、自分のところを立派にみせないと、見てもらうことさえかないません。

そのためには、どうしても過剰に競争して、立派に見せないといけない宿命があるのです。

そんなスペシャル仕様ばかりですので、実際には予算内で実現できないものもあるかもしれません。

キッチン、お風呂、インテリアや他のたくさんの設備機器に惑わされないようにしましょう。

 

 

営業トークに流されない

 

モデルハウスの担当者は営業のプロです。

巧みな勧誘のトークを常に練習してお客様をまっています。その流されないように注意が必要です。

説明を真剣に聞くと1時間でも短いいぐらい。2時間以上かかることもあるため、

脳が疲労し、「この会社でいいかな」「営業マンも熱心だし、任せようかな」という気分になりがちです。それが、営業のプロの人の手口でもあるのです。

ですから、その場のムードに流されて話を進めるのではなく、必ず複数の会社を比較検討しましょう。

いったんは家に持ち帰り、落ち着いて検討すること。

これが家づくりの会社えらびの大切なポイントです。

そして常套文句の「今なら」という割引やキャンペーンを使って契約を急がせる住宅会社はまだまだ多いものです。お得さ感の言葉に踊らされないようにしましょう

 

以上の心構えができたら、千里住宅公園へGO!

スムーズに見学ができる、

役立つ「事前準備」のポイントをご紹介します

 

 

Point1 予約は午前中。午後は混雑しがちです

 

千里住宅公園は、休日の昼から夕方にかけて、混雑しがち

担当者からゆっくり話を聞きたいかたは、平日か休日の午前中に予約しましょう

もしくは、あえて混雑している人が多い時間帯に行く、という方法もあります

 

自分たちのペースで見学したい、という方や

他の見学者の行動を参考にできるというメリットもあります。

 

Point2  ラフすぎる服装はNGです 脱ぎ着しやすい靴が便利

 

注文住宅は一生に一度かもしれない大きな買物。こちらもいろいろチェックしたい、と考えているように、担当する営業マンも来場者を見ています。Tシャツや短パンといったラフすぎる服装ではなく、襟付きトップスのほうが好印象靴です。家へあがったり、することが多く靴は、脱ぎ着しやすい靴が基本ですが、サンダルは避けましょう

 

 

Point3  新居に置きたい家具のサイズは事前に計測

 

すでに持っている家具や家電のサイズ(縦・横・高さ)を計測しておけば、「こんな風にあの家具を置いて…」と、イメージが膨らみやすいでしょう。インテリアのイメージづくりがはかどります

 

 

Point4  来訪者向けイベントを事前にチェック!

 

週末や休日はイベントが盛りだくさんです。子育て世代のご家族が家づくりを考えてもらえる機会にと、ヒーローショーや、人気スイーツのプレゼント、銀行などの融資担当者による住宅ローンセミナー、おもちゃの商品券や旅行券があたる抽選会などなど、その内容はさまざまです。

子ども向けの楽しいイベントも多いので、事前にチェックして家族をエスコートしてみてあげたらきっとよろばれるでしょう。内容はホームページなどに掲載されているのでその都度で、確認をしてみてください。※限定人数のため、早くいったほうがお得だとか、事前予約が必要なものもありますので

 

モデルハウス見学で役立つアイテム

 

持参するもの

カメラ付き携帯電話、筆記用具(家づくりノート、ペン)、メジャー、方位磁石、資料を入れるバッグ、カメラ※

※撮影については、現地にいる営業マンに、撮影しても良いか確認しましょう

 

見たり、聞いたりしたことは、その場でメモに残し、

カメラで画像として残すことで、具体的に思い出すことが可能となりますし、

記憶違いを防止することにも役立ちます。

気になるサイズは実際に計測し、より具体的なイメージを持つようにしましょう。

 

 

見学時には、現地で入手するパンフレットなどの資料もたくさん

持ち帰りやすいバッグなどを用意しておくと、よりスムーズでしょう

 

 

モデルハウスのチェックポイント

 

□広さを確認する

大きくつくられていることが多いものです。実際の現実とは違うケースになることもおおいので、あとで勘違いだったというようにならないためにです

 

□間取り・部屋のレイアウト・動線の工夫など、設計ポイントについて

住宅会社の強みや、特徴などがつかみやすくなります

 

□天井の高さ

日本の住宅の標準的な高さは2m40CMがおおいもでのす。ただ、住宅会社によっては、高く設計しているところもあります。開放感がちがっていますので、こちらもあとでイメージと違うというようなことにならないために必要です。また、3階建てで、建物高さ規制が10Mなどがあると、2m40cm確保できない場合もありますので、こちらも住宅会社に確認が必要です。

 

□住宅の性能について

最近は冬あたたかい、夏あたかかい、このための性能を話すためにQ値、UA値、C値のお話が多くなる傾向です。どれも数値が低い方が性能は高いです。ただ、性能が高くなることで、建物コストももちろん高くなっていきます。必要な性能で、建物価格とバランスよくチョイスされるのが賢明な選択になることでしょう

□得意とする工法のメリットとデメリットを聞く

プレファブリッツク(プレハブ)、工場である程度パネル化して製作、大きな会社になればなるほどその傾向は高いです。品質性能を均一化していくためにある程度は必要です。ただ、そのために自由度が失われる場合もあります。自身の建てたい家として可能なのか、工法の自由度も確認が必要です。

 

□外壁・屋根の性能について

家のメンテナンスに大きく関ります。家は最初に建てるときの初期費用と、このメンテナンスの維持費用との、大きく2つに分かれます。初期投資だけに目が奪われがちですが、住まい費としては、30年なりのトータルでの経費でみられた方が、結局はお得になるケースもあります。ポイントは、このメンテナンス費用と、先ほど家の性能で上げた、暑さ寒さ対策によって変わる光熱費の合計。住まいに関する費用のトータルでみられることをお勧めします

□土地探しのサポート体制

土地から探そうとすると、そのサポート体制も大切です。専門の宅建士さんがいてたり、宅建士さんと上手に連携されている会社さんで土地情報と、その土地で建てられる家を見てくれる設計士さんとで案内してくれる会社さんだと、理想的でしょう

□保証や定期点検など、入居後のサポート体制を確認する

家は出来るまでを重要視されがちですが、実は住んでからが大切です。住んでからのサポート体制、声をどのようにかけてくれるのか、など、アフターフォローの体制も忘れずに聞かれることが大切です

 

坪単価は聞かない

 

一般的にいう坪単価とは、建物本体工事のみの金額を

建物全体の延床面積で割った金額のことをいいます。

 

建物本体工事価格2600万円、延床面積35坪とすると、

2600万円÷35坪=74.2万円となり、坪単価は74万円~75万円。

 

基本的に、キッチンやお風呂、洗面、トイレなどの主要な住宅設備や

スイッチ・コンセントの電気配線は入っています。

住宅メーカーや工務店によっては、基本的な照明器具や建物の設計料、

太陽光発電や床暖房なども含まれているケースもあり、

付帯工事の一部、または全部が入っている場合も。

値引きを前提に設定された値引き前の坪単価をいう担当者や、

値引き後の契約時の平均的な坪単価をいう担当者もいて、

非常に比較しづらいものになっています。

 

 

同じ会社でも、営業マンによっては坪単価にどこまで含むのかが異なっていることもあり、

上記の項目をすべて同一条件にしないと、比較する意味が無くなってきます。

 

さらに「坪単価は、内容により55万から80万ぐらいですね」と、

幅のある価格帯で言われることもあります。

というのも、建築内容によって坪単価が変わるからです。

 

例えば、延床面積が20坪の建物であっても、60坪の建物であっても、

玄関ドア・キッチン・お風呂・トイレ・洗面化粧台などの住宅設備の数は同じ数が必要ですので、

仮にそれが200万円だとして、その部分だけを延床面積で割ると、

20坪の建物は坪単価10万円、60坪の建物は坪単価3.3万円と、変わってきます。

狭小地で住宅をつくるとなると、坪単価は、必然的にあがってしまうものなのです。

 

また、20坪の建物であっても、60坪の建物であっても、

建築途中に必要な警備員の数や仮設トイレの設置費用などは、ほぼ同様に必要となります。

 

他にも、大きさとしては床面積は3倍の差がありますが、階段は1フロアーに一つなど、単純に3倍もの費用差が生じないものもあるため、延床面積が小さい方が坪単価は割高になるけれども、だからといってきれいに掛け算や足し算で建物の価格が伝えられることはないのだと考えてください。

 

また、ハウスメーカーによっては、平屋と、2階建てと、3階建てで、坪単価がかなり変わってくる場合がありあます。

基礎の面積、屋根の面積、構造金物の量など、広さ、工法・構造、仕様によって異なるのが、注文住宅でもあるのです。

こちら階数は、価格に大きく影響してくるので、質問時には、注意が必要なのです。

 

 

では、坪単価を聞くなら、どう聞けばいいのか?

坪単価を確認する場合は、

「2階(3階)建ての1世帯で、延床面積35坪だと、坪単価おいくらですか?」と、

階数と大きさ、世帯数を限定して質問することをオススメします。

 

そして、

「坪単価」

「トータルコスト」「外構(お庭)だけ別にして」

「電化製品・カーテンは別途どれくらい?」「

「住めるようになるまでにどれくらい?」と

複数パターンを聞くのが良いでしょう。

それぞれで、価格配分がちがっていたりするのが各ハウスメーカーです。

 

建物本体が安く表示させていながら、諸経費が実はとても高い。

運送費や、品質管理費や、材料保管費など、よくわからない項目が別途ついて、

全体では結局高くなっているケースもあるからです。

 

それらを押さえて、質問上手に聞けたとしても、とはいえ、千里住宅公園のモデルハウスは全部の住宅がフルオプション。

いいなー、こんな家に住めたら夢のよう。にできているものです。

現実には、予算、土地の大きさなどの制限があるなかでの提案力が大切です。

 

それを念頭に入れながら、広さや仕様を確認し、

どれがオプションで、採用するといくら追加になるのか、現実の住まいであれば?必要なものとして

しっかり確認しましょう。

 

 

住宅展示場のハウスメーカーと地元ハウスメーカー、設計事務所、工務店の現場見学会 どう違う?

 

テレビCMや住宅展示場などで目にする機会が多い大手ハウスメーカーに比べて、

会社の特徴が見えにくいことが多い地元ハウスメーカー、設計事務所、工務店。

ホームページの施工事例や、インスタグラムでの外観やリビングの写真があがっていたりはします。

ただ、おすすめは、住宅展示場のような、立派な飾りつけはないのですが、

その会社の特徴を見極める機会になるのが、現場見学会があります。

 

建築途中の家を公開する構造見学会、また、間取りの工夫やデザインを目で確かめることができる完成見学会にはぜひ参加しましょう。特に完成見学会は工務店と施主に信頼関係がなければ開催自体が不可能。見学会が多い工務店は、多くの施主といい関係を築けているといえる点でも安心といえるかと思います。

住んでからのOBさんの家なども見せてもらえる機会もあれば、ぜひ、参加されてみてください。

現実の住まいの、提案の工夫が、きっとこれからの家づくりの参考になることでしょう。

 

 

地元ハウスメーカー、設計事務所、工務店の見学会のほうが、メリットがある場合とは?

 

ハウスメーカーに比べて規模は小さくても、地元ハウスメーカー、設計事務所、工務店には、

プランの自由度が高かったり、予算に合わせてコスト調整が可能だったり、と、

きめ細やかな対応力が魅力です。

また、工場でつくっているものが少ないため、臨機応変に対応ができること。

例えば、

物入をあと数センチ大きくしたい、階段の踏み板を数センチ大きくしたい、のような家の内部での数センチの変更。

ベランダの壁をあともうちょっと高くしたい、窓の位置や種類が自在であったり、屋根の勾配をゆったりさせたい、など外観のデザインの組み合わせがたくさんできたり、

自然素材をつかった床の無垢材が使いたい、しっくいの壁が使いたいなど、素材の使い方を豊富にできるなどの要望なども対応してくれるケースが多いでしょう。

ただ、工務店によっては、施工の品質や建てたあとの対応の違いなど、こちらも大きく持ち味が違うため、見学会では、アフターの対応や、地域での評判、現場見学会での対応、家づくりの特徴などを

見極めるようにしましょう。

そして、気になることがあれば、些細なことでも遠慮せずに質問。

そして、その質問をはぐらかすことなく、真摯に向き合ってくれるのか、

きちんと調べて誠実に対応してくれるのか、

これはどのハウスメーカーも共通して言えることではあるのですが、

大切な見極めるポイントとなるでしょう。

 

まとめ

今回は、大阪にある人気の住宅展示場「千里住宅展示場」の正しい回り方についてプロの目線で徹底解説しました。住宅展示場に足を運ぶ前に少しだけ準備をしておくことで効率的に情報収集ができるということがお分かりいただけたと思います。

本記事で紹介した内容が皆さんのマイホーム建設への素敵な第一歩になれば幸いです。

 

そして有名ハウスメーカーだけでなく、地元で広告宣伝費を押さえて、まじめに家づくりをおこなっている、素敵な地元ハウスメーカーや、設計事務所、工務店などもたくさんあります。

ぜひ、住宅のデザイン性や、家の性能が気になるなど、各地元メーカーも強みもって存在感があるところも。地元住宅会社も、ぜひ、1社加えて、見て比べてください。

文 シーキューブ代表 住宅アドバイザー 2級建築士 安本昌巨 昭和45年生

八尾市立西山本小学校、曙川中学校卒、大阪府立布施高等学校卒、関西学院大学商学部卒、地元信用金庫を経て、父親が創業した安本建設へ入社(現㈱シーキューブ)。創業時はハウスメーカーの下請け工務店として住宅工事会社として活動。現在は地元を中心に毎年平均30棟程度の新築工事と多数のリノベ、リフォーム工事を継続して行っている設計事務所、工務店 の代表。FMちゃお(79.2MZ)にて家づくり悩み相談コーナーコメンテーターを担当。

大阪市内、東大阪、八尾の土地を探そうと思ったら

2020年02月29日

大阪市内、東大阪 八尾などで土地探しをはじめようと、

「念願の家を建てよう!さあ、土地を探そう!」

思われたお方。

 

さて、何から始めればいいのだろう・・・・

はじめてのことだし、高い買い物だし、専門的なこともありそうだし、わからないことばかり‥。

 

そうして、また、以前に友人などから、

「思っていたよりもお金がかかってしまった」

「住んでみてから土地の問題点に気付いた」

「もう少し慎重に判断すればよかった‥」

といったようなお話を、あなたもお聞きになったことがあるかもしれません。

確かに、土地は決して、安い買い物ではありません。

 

大切なお金を出すのですから、納得のいく住まいを手に入れたいのは当然のことです。

そして家族みんなで幸せに過ごす大切な場所となるわけですから、慎重に選ぼうとされているんですよね。

そうして勉強家のあなたは、今、このコラムを、読んでいただいるのだと思います。

しかし実際のところ、難しいことが多過ぎて、そもそも、どういったことで、失敗してしまうのかさえも分からない。とお思いなのかもしれません。

 

どんなことでも、はじめての経験には、失敗がつきものだと不安に思うのも分かります。ほとんどの人にとって、住まい探し、家づくりは、始めての経験です。

特に土地選びに関して言いますと、経験や知識がないことで、さっきの話のように、営業の人に勧められるまま、お金を多く払い過ぎたり、最悪の場合、悪質な業者を見抜けずに騙されてしまう・・・。

 

こんなことになってはいけないのです

そこで、こちらを読んでいただくことで、良い土地の選び方、良い業者の選び方や、家づくりでつまずきそうなポイントを知っていただきたいと思い書きました。

家づくりのプロが、土地を買うのならばと、大阪の八尾に生まれ、八尾で育ち、27歳から22年間、家づくりの仕事をずっと行ってきた専門家です。

自身での土地探しからの家づくりは2回ですが、仕事で関わらせていただいた家づくりは650組以上。

それだけの家づくりに携わってきたところからの大阪市内、八尾、東大阪、藤井寺、柏原界隈で培ってきた土地の選び方、探し方。お役に立てること請け合いです。

ぜひこのまま読み進めてください。

土地選びで絶対に失敗しない必勝法をお教えします!

 

「必勝法? そんなの本当にあるの?」と思うかもしれません。

「なんか専門的な話でむずかしいんじゃないの?」と思われるかもしれません。

大丈夫です。必勝法と言っても難しい方法ではありません。答えは意外と簡単なのです。

ここから、3点、土地探しの極意をお伝えいたします。

〇土地探し、土地選びスキル診断

〇土地探し、土地選び、プロが教える4つのポイント

①なぜ南向きがいいの

②理想の物件探し

③買ったあとにもお金がかかる土地

④予算の考え方

〇土地探しを依頼するもう一つの方法

以上が大きな3つのポイントです。

 

さっそく、はじめていきましょう。

〇あなたの土地探し土地選びスキル診断

最初の第一歩である土地選びに、どんな落とし穴があるのか、簡単なシュミレーションを、気楽にやってみてくださいね。

次のページでは、土地選びに関しての七つの質問があります。

各項目の上にある□の中に、あなたが「これは正しい(あなたがこうする)」

と思うものに○をいれてみてください。

これであなたが土地選びでどんな失敗にはまりやすいのかがわかります。

それでは鉛筆かペンを一本用意してください。

・・用意できましたか?

 

それでは次のページに進んで、実際に○を入れてみましょう。

1、あなたの土地選びスキル診断シミュレーション

☑ 日当たりの良い「南道路」は大きなチェックポイントだ。

☑2 広告で良い物件をチェックし、現地へ行って気に入ったら購入しようと思う。

☑3 不動産会社をまわり、家族で物件を比較して購入しようと思う。

☑4 日当たり良好、広くて病院や学校も近い・・・理想の物件を見つけるまであきらめない。

☑5 現地見学で見るポイントは、交通量や駅、病院、学校までの距離、近隣にどんな人が住んでいるか・・・・ここまでクリアできれば、ほぼ合格だと思う。

☑6 土地を購入し、残りの予算で家を建てる・・・・まずは良い土地を選ぶことが重要だ。

☑7 工務店は土地購入後に不動産会社や知人の紹介で決めようと思う。

診断結果は以下の通りです

 

さて、それではまず結果から申し上げます。

 

☑にチエックがの数が多い人ほど、落とし穴に、はまる可能性が大きいのです。

「え~、嘘でしょう!!!」

「南道路がどうしていけないの?」

「良い土地を選ぶことが良くないの?」

びっくりしましたか?

誤解と混乱のないように言っておきたいのですが、もちろん、項目の中には、あながち間違いではないものもあります。ただこういう土地の選び方が常識だと思い込んでいると、落とし穴にはまりやすい、ということなんです。

 

ちなみにこのテストの結果ですが、試してみたところ83パーセントの人が五つ以上の項目に、○をつけています。

あなただけが特別に落とし穴に落ちやすいのではないのです。ほとんどの人が実は落とし穴に落ちやすいということです。では、どうしてこれらの人が落とし穴に落ちやすいのか・・・?

 

まずは、土地選びは難しい部分があるのだと理解してください。

 

さっそく、

土地選びプロが教える四つのポイントを解説しましょう。

 

落ち着いて、どうぞ次のページへ、進んでください。

これって常識じゃなかったの?

 

2☆土地選びプロが教える4つのポイント~あなたの知らない土地選びの四つの落とし穴~

①なぜ南向き信仰なのか

さて、まずは「どうして南向き信仰といわれるのか?」ということから説明しましょう。

ちなみに広告などに記載されている「南向き」というものに関しても同じことが言えます。

 

この本の中では、「南道路の土地」や「南向き」と記載のある土地をまとめて「南向き」と呼ぶことにします。

なぜ「南向き」が信仰というのでしょうか?

南向きは、いい。正確に言うと、間違いではありません。

 

南に向いていれば、確かに日当たりがいい。

ただ、そこから来ているだけですよね。

「南」という言葉がブランド化されているだけなのです。

今回は土地のお話をしているのですが、南向きということは、玄関が南を向いて明るい雰囲気の家になります。

 

では、マンションの販売文句などをちょっと思いだしてみてください。

「全戸南向き!」このような宣伝文句をみたことはありませんか。

このようなマンションの場合「全戸南向きバルコニー」なんですよね。

そうすると玄関は…。察しのよいかたならもうお気付きでしょう。

そうです。玄関は北向きになっていることが多いものです。

 

「南向き」というワードがブランド化されているだけなのです。

南にむかって、玄関があるのか、バルコニーがあるのか、ただそれだけの話なのです。

 

南に広い窓があいている場合、庇が深い家だと、夏は光が真上からあたるので家の中に光がはいらず、

逆に冬は日当たりがよい。これが一般に南向きが良いとされる理由であるだけから始まった「南向き」信仰なのです。

 

そして、実は、南向きと書いてあっても、真南に向いているわけではないんです。

そもそも、平安京みたいに方角を気にして碁盤の目のように整備された土地なんてほとんどありません。

 

そして知られていないことですが、南向きの総称の中にはいる、南西向きの土地も暮らしづらい土地のひとつでもあるのです。

簡単に言うと、暑い夏でも強い西日が入ってしまいます。ですから南方に窓があっても開けておくことができないからです。南向きだからって単に暖かい、いい家だとはいいきれないのです。

 

「方位が正確じゃない家だって?」

「なぜ、そんなことがおきるの?」

そうお思いなのもよくわかります。

 

理由は簡単です。

土地を販売する不動産会社にとっては、南向きの方が人気もあり、高く売ることができるの、都合がよいのです。

ですから、それが少し東に向いていても、少し西に向いていたとしても、要するに、だいたい南に向いていれば「南向き」として販売する傾向が強いのです。

 

そして、もう一つ気を付けて欲しいことがあります。

本当に真南に向いていたとしても、南の道路が、例えば、人通りの多い場合などはどうなるでしょうか。

せっかく南に大きな、窓があっても、人目が気になりますよね。

そうすると、家の中から開けづらく、外の人と目が合うとなんか落ち着かない。そして年中カーテンを引いたまま・・・・・という家にお住まいのお方もいらっしゃるのです。

ですからここで大切なことは

南向きが良いのではなく、日当たりが良いということが大切だということなんです。

「南に向いている土地」というよりも、「家を真南に向けて建てられる土地」が、良い日当たりを確保できると言った方が良いかもしれませんね。

例えば、もし次のような場合にも、設計の工夫しだいで・・・・広い土地ならこんな方法も

 

広い土地なら、こんな方法も可能だけれど・・・・・

 

奥に長い敷地の方が多い。大阪市内、八尾、東大阪、柏原、藤井寺などでは、コの形(コの字)の家という方法。

そうです。中庭のあるお家です。三面の窓から陽の光がさしこみ、そこにお花や好きな木を、植えられるのもいいかもしれませんね。

 

このように建て方しだいで、真南に家を向けたり、真南からの光をいれればよいわけです。

 

南向きにこだわらなくても、日当たりのよい家はできるんです。ポイントさえわかってしまえば、何も難しいことはありません。土地探し、家づくりは楽しいものです。

 

②理想の物件探しの

さて、あなたが探しているのはどのような条件の土地でしょうか?

「うーん、やっぱり交通の便がよく、日当たりもよく、駅も学校も近くて、静かで庭と駐車場のスペースもとれる広さで・・・・・・」

(そうですよね。確かに、そういった土地は間違いなく、百点満点の最高の土地であることは間違いないと思います。)

 

ただ、もしかして、南向きと同じようにそれが当たり前だから、常識だから、そういう土地が欲しいと考えているのではありませんか?

 

ただ こういった土地を探すこともやはり問題はあります。

何でしょうか?

第一に、残念ながらなかなか見つからないということ。

もしあったとしても、

誰もが欲しい土地ですから、不動産会社は大々的に広告を打って、集客に利用するでしょう。高い倍率の抽選になる事もあるかもしれません。

第二に、満点の物件を探す場合、当然根気よく何十件もの物件情報を見ていくことになりますが、そのうちに、どれがよくて、どれが悪いのか分からなくなってしまうことがあります。

「そんな まさか・・・・・・」と思うかもしれません。

そこで、ちょっと思い出してみてください。広告には小さな小さな文字で、こまかく、様々な情報が載っていますよね。これらをしっかり比較して、あなたは、ご家族にあった一番よい土地を選ぼうとしているところです。

 

さて、広さ、向き、立地、接道、価格、建ぺい率・・・・それ以外の小さな文字。あなたはその情報を読んで、何を見抜くことができるのでしょうか?

 

同じような立地、価格、面積の場合、あなたは何を基準に選ぶことができるのでしょうか?

 

プロである不動産営業マンは、あの小さな文字から 情報から、そして、経験から、比較の難しそうな、そんな報から、様々な土地の問題点を見抜くことができます。試しに聞いてみてください。

そうして、よくよく聞いてみると、それはまさにどの土地も、一長一短・・・・・・。

 

試しに10件ほどの広告を見て、実際に現場に行って見るのもいいかもしれません。そして、すぐになるほどと、土地の一長一短があるといことに、実感できると思います。

では、土地探し、どうしたらいいのか?

それは・・・、満点の物件ではなく、合格点の物件を探すということなんです。

 

ここで一番大切ことは、

あなたが家を建てる目的はなにか、

建てた家で、そこに住む家族は何を楽しみたいのか、

ということです。

 

お子さんの進学にあわせて家をたてるなら・・・?

学校や駅が近いことは譲れなくなるわけです。なるべく今と同じ学校に通わせたいと思うなら、エリア選びが重要になってきますよね。

定年後の暮らしを楽しみたいなら・・・?

車のガレージや、家庭採園などの趣味のためのスペースを大切にしたいですよね。

 

つまり、多少 交通の便が悪くても、広さが譲れなくなってきます。

広い家であれば、離れて暮らす子供達が孫を 連れて泊まりにくるというライフスタイルになるかもしれませんね。

 

家は「一生 同じスタイルで住むもの」はなく、「成長し、変化させていく」と考えると分かりやすいかもしれません。

 

つまり家族構成に合わせて、ライフステージにあわせて、あなたが○○するための家を創るのだと考えてください。

 

一般に良いといわれている家が、土地が、本当に、あなたにとって一番合っていると、思いますか?

 

あなたは あなたの家族だけの家をつくりましょう。

 

そこで大切なのが、生活する具体的なイメージをもつことが、土地選びと家づくり必勝法の大きなカギになってくるのです。

 

③買った後にお金がかかってしまう土地

「立地と広さと・・・自分にピッタリの土地を見つけたと思ったのに、買った後にお金がかかるなんて、どういうこと?」

ええ、分からないのも無理はないんです。この問題は、たとえプロであっても簡単に見抜けるものでもありません。

 

だって、 そのナゾは地下に隠されているのですから。

地下に隠れたナゾを簡単に3つお教えいたします。

その1  まず下水道、これが敷地の中に入っていないと、道路と土地を掘って敷地内に入れるのに、費用がかかってしまいます。

その2   次に水はけです。 これは坂の途中にある土地の場合、斜面を造成した「ひな壇」とよばれる土地の場合には特に注意してください。上の土地から水が流入し、近隣とのトラブルになるので要注意です。

その3  最後に地盤です。川の間や川の付近、田んぼが近い等、水辺は地盤が弱いということに、気を付けなければいけません。

 

近所に川や沼があるかの他にも、地域の持っている特性を知っておくことはとても重要です。

 

地盤がゆるい場合は当然、補強をしなければ、家が傾いてきてしまいます。

 

この補強に必要な工事は、場所によって、大きく変わります。

それでも、あえて金額を言うとするならば、50~150万もしくは200万円くらいと、大きな幅をもってでしか答えられないのです。

金額にばらつきがあると、あまり参考にならないと、思われるかもしれません。

 

ただ八尾、東大阪、柏原、藤井寺、近辺という土地柄は、90%程度のもの確率で発生します。

 

古来、大和川の付け替え工事などの影響なのでしょうか?。どちらにしても、後から慌てないためにもそんな可能性を十分に考慮に入れておいた方が、良いと思います。

 

もちろん必ずしも杭を打たなければいけない。というわけではありません。

 

実際は地盤の調査してからの判断です。

調査の方法は、例えば、スエーデンサウンデイング方式という方法です。

これは、実際に建物を考えている敷地に、細い棒を回転させながら、土の中に入れていき、固い地面がどこにあるのか、回転数を見ながら調査するという方法です。地面近くにかたい地盤があれば、補強工事が必要ない場合もあります。

調査の上で、補強を行わなくても必要のない場合も、しっかり保証されますので 安心して建てられるようになっています。

 

この杭は、その上に建てる家のかたちにあわせた位置に打つものです。

安心の為に、土地の為に、そして頑丈につくる家のために、地盤調査は大切なのです。

 

えっ?

「そんな 大事なこと、不動産屋の情報に書いてないのは変じゃないか!」

ですって? うーん・・・・

もっともな、ご意見ですが、残念ながら当然のことでもあります。

不動産業界では、土地査定の基準は道路や立地条件などによって決められています。

また、そのあたりの土地の取引をされた相場なども勘案します。

 

立地がよいかどうかや 実際に取引された今までの土地の売買値段で土地の良し悪しを、つまりは値段を決めているということです。

 

とくに、地盤強度や水はけについては、なかなか予想のつくものではないですから、不動産会社にもわからないわけです。

ですから不動産会社を責めるわけにもいかないのです。

 

④予算の考え方

さて、ここでお話ししたいことは・・・

当然だろ、と、怒られるかもしれませんが、

 

土地購入予算は、家の建設費を考えたうえで組まなければいけないということです。

予算については、実はかなりアバウトに考えている方が多いので、念の為に言っておきたいのですね。

 

ほとんどの方が土地購入と新築の為にローンを組まれるわけですが、無理のない資金計画が必要です。

実際のところ、いくらまでのローンが組めるのか、組めるといっても、返済できるかどうか?きちんと調べておくことをおすすめします。

そうして、このいわゆるライフプランというものは、生命保険会社や銀行でもシュミレーションできます。今 加入されている保険会社にもあるかもしれません。

 

インターネットが出来る環境であれば「ライフプラン」と検索してみるのもいいですね。保険会社などのホームページで簡単に試せるものもあります。

 

携帯用ゲーム(ニンテンドーDSなどの)からいくつか販売されている、ファイナンシャルプランナー監修の家計簿ソフトでも住宅ローンのシュミレーション機能を試すことができます。これは、住宅購入の為に今月はいくらか貯金をしなければいけませんよ、といったことまで計算してくれるので便利です。

 

さあ、ここまできたら、あなたは土地選び必勝法の核心に、かなり近づいてきました!

 

土地選びに必要な四つのポイントはもう大丈夫ですね?

 

しかし、これらを同時に考えながら自力で土地を探していくのは、なかなか至難の業であることもご理解いただけたとも思います。やっぱり、慎重にいかなくちゃいけません。

それでは、お待たせしました!

 

お金をかけずに、経験豊富な家づくりと、土地選びのプロを、あなたの味方に付けましょう

いよいよ 次は、その方法をお教えします。安心して次のページへお進みください♫

 

失敗しない、究極の土地選び必勝法はコレ!

 

良心的な住宅会社にみてもらって、

設計の目線から、家をつくる目線から、土地を見てもらうことなのです

 

そうです、土地選びの際に、

実はあなたが味方に付けるべき、手前ミソで恐縮ではありますが、土地選びのポイントといううのは、設計事務所や建築会社なのです。

ここまで読んでいただいたあなたなら、おわかりですね?

家をつくる会社なら、実際に家を建てるわけだから、

予算も、間取りも、日当たりも、地盤も、水はけも・・・・

すべてを考えることができるわけです。

 

だから結論からいいましょう。

土地選びは、設計事務所、住宅会社、建築会社に一声かければいいのです。

 

あなたは、設計事務所に、こう言っておくだけでいいんです。

 

「○○周辺に、これくらいの広さの土地を探してほしいんだ」

「予算は家づくりとあわせていくらまで」

 

前後しましたが、その前に必要な広さについて相談しておくことも忘れずに♪

「え~っ、建築会社に土地選びも相談していいの?」ってお思いでしょうか。

はい、もちろん大丈夫なのです。

 もう一度言っておきますが、土地を探してもらうことに一切お金はかかりません。

頼んでおくかおかないかの違い、ただそれだけなんです。

 

土地探し、土地選びを依頼するもう一つの方法

建築会社に土地選びをお願いする三つのメリット

メリット1

地元の住宅会社、設計事務所を選ぶメリットは、なんといっても融通が利くこと。

なにか疑問があれば、すぐに聞いたりできる親近感があるのがおおきなポイントです。

 

☆メリット2

住宅会社は、家をつくるのが仕事です。あなたがどんな家を建てたいのか、新居で夢見る生活がどんなものなのか、住宅会社の営業マン、設計マンは、しっかりと耳をかたむけ、あなたにピッタリのプランを練ってくれます。

 

☆メリット3

手前ミソになりますが地域密着型の営業をしている住宅会社ですと、地元不動産会社とは常に、密接な持ちつ持たれつ関係を築いています。ようするに、不動産会社に顔がきくということですね。

 

え?何だかきれいごとばかり言っているみたいですか?

わかりました。ではちょっとウラの視点で考えてみましょう。

 

住宅会社は普段「家をたててくれる人」を探しているわけですよね。そのために「土地を買って、これから建てようとする人」がいる。

 

不動産屋さんと親しくなって、土地を紹介してもらうのは納得できますよね。

そこへ、家を建てようとしているあなたが相談に来たら・・・?

 

設計事務所、住宅会社の人は家を建てることが仕事です。ですからまず、あなたの信頼を得なければいけません。自社の持っている人脈をフルに使って、満足のいく土地を探そうと考えるのは当然なわけです。だってそうじゃないと、仕事ができないんですから。

そうして地元であればあるほど、評判だけが頼りです。間違っても「変な土地をすすめられた」と言われれば死活問題なんです。ちょっといやらしい言い方かもしれませんが、こう考えると納得できるでしょ?

 

設計事務所、住宅会社、工務店は、家づくりのプロです。

良い家づくりと、そのために必要な条件とを熟知している。つまり、理想の家づくりと、理想の土地探しを同時に叶えることができます。

家を建てる仕事をしているからこそ、家を建てるあなたの気持ちになって、土地選びからのお手伝いするのです。

土地を探しているあなたは安心して、楽しく間取りやプランを考えることでいいんですよ

現実には、そうやって見つけてもらうことを依頼しておきます。

さらには、ご自身でも不動産屋さんに足を運び、これはどうかなと、さがしてもみる。

そうして、気になる土地に出会うとこととなります。

その時に、「いざ、購入」を決断する前に、まずは、住宅会社に土地の事前診断をしてもらうことなのですね。

このような準備が失敗しない、あとで、後悔しないための大切なこととなるのです。

 

文 安本昌巨 昭和45年生 八尾市立西山本小学校、曙川中学校卒、大阪府立布施高等学校卒、関西学院大学商学部卒、地元信用金庫を経て、父親が創業した安本建設へ入社(現株式会社シーキューブ)。創業時はハウスメーカーの下請け工務店として住宅工事会社として活動。現在は地元を中心に毎年平均30~35棟程度の新築工事と多数のリノベ、リフォーム工事を行い累計650組以上ものご家族様の家づくりに関わる、現在も継続して行っている設計事務所、工務店 の代表。FMちゃお(79.2MZ)にて家づくり悩み相談コーナーコメンテーターを担当。

木造と鉄骨ってどちらが良いの?

2019年02月20日


こんにちは、住宅アドバイザーの野口です。

お家を建てるとき、木造と鉄骨ってどちらが良いの?
とご質問いただくことが多いのですが、

みなさんはどっちが良いと思いますか?

木材は鉄やコンクリートに比べて軽いため、建物自体の自重が軽く地盤への負担が少なく、また加工が容易でフレキシブルな間取りに対応できます(リフォームもしやすい)が、腐りやすいというデメリットがあります。

雨漏りなどが発生した際に、内部にまで水が浸入してしまうと傷みが早くなる原因となってしまいます。

しかし、むき出しの状態で使用する見た目の良さや香りが人気のポイントになっています。

防臭効果もあるため、エコで環境の良さを感じられます。
また、優しい触り心地となるため、人間が裸足で生活をする際に負担になりにくいです。

鉄骨の鋼材は強度が大きく、工業製品のため品質が安定していて価格も比較的安価ですが、火熱に弱いため防火被覆が必要なところがポイントになります。
鉄の方が丈夫で長持ちというところはありますが、震度に関しても歪みが起こりやすいため、気になる点はあります。

どちらにもメリットデメリットがあります。どこに重点をおくかによるかと思います。

またどちらのお家も建築させてもらっています。

まずは体感される方がわかりやすいと思いますので、構造現場見学会にいらしてみてください。

キッチンの種類をご存知ですか?

2019年02月17日

こんにちは、住宅アドバイザーの佐々木です。

みなさんはキッチンにはいろいろな種類があるのをご存知でしょうか?
基本的にはI型、L型、アイランド型があるのですが、その中でI型は最もポピュラーなものです。

コンロと調理スペース、シンクがまっすぐの動線でつながれたこのタイプは作業効率がよく、また小さなスペースに収まるのが特徴です。
通常は壁に向かって設置されるので、収納スペースもある程度確保できます。

L型は動線が短くて、効率的なレイアウトです。
I型よりも作業動線は短いですが、シンクとコンロの位置をよく検討する必要があります。
また、コーナー部分、特にコーナー下がデッドスペースになりやすいので、設置する際は考えておく必要があります。

アイランド型は360度どこからでも調理ができるため、家族や友人達と調理が楽しめるオープンなキッチンです。
調理スペースもほかのキッチンに比べてずっと広く、また天井との間には換気扇しかないのでとても開放的です。

部屋のセンターに設置されるので、広いスペースが必要です。
基本的に見せるタイプのキッチンですので、収納が少なめです。
掃除や片づけをきちんとすれば、とてもインパクトのある開放的なキッチンを楽しむことができますよ。

名称未設定 3.

夫婦で一緒にお料理をしてみてはいかがですか?

2019年02月14日

こんにちは、花粉症の竹森です。

先日お客さまにお家づくりのインタビューいただきました。

男性も家事をされる場合もけっこうあるように感じています。夫婦で家事を分担している家庭もあったり・・・。

これも女性が社会進出したということもあったり、男女平等ということが社会的に進められてきたこともあって、協力して家庭生活を送っていくという感覚が若い世代を中心に浸透しつつあるためだと思います。

自分の家で夫婦でキッチンにたつと、二人で一緒に協力しているという気持ちにもなることができますし、その時間は共有の時間として楽しむこともできるようになることでしょう。

これが毎日のことでなくても、週数回以上はキッチンを利用しあうような関係というのは、理想的ですよね。
妻が仕事で遅いときには夫が料理を作って待っている、逆の場合でも同様にしていくスタイルで理想は夫5:妻5というのが理想的でしょう。
また、休日は二人で極力協力しながら生活を送るようにしていくというのも、楽しい時間を共有することができて良いものですよ。

家を建てる際にもそういったことを考慮しながら、キッチンの高さを工夫するなど、使いやすくしておくとなお良いでしょう。

キッチンのプランで暮らしもかわりますのでぜひ覚えておいて欲しいですね。
ありがとうございました。

ホームページトップスライダー

お庭のお打合せ★!

2019年02月13日

こんにちは!

急にまた寒くなってきましたね。

風邪などひかれておりませんでしょうか?

 

 

今日は先日のお庭のお打ち合わせの様子を。

お家が完成に近づき、

足場もとれ、

実際にお家を見ながらお庭のお打合せを

してきました★

いよいよ完成が近づいてきましたね!

私もワクワクしてきました★

 

また完成の様子も

更新させていただきますね!

 

ではまた!

 

 

女性の理想とする家ってどんな家?

2019年02月11日

こんにちは、竹森です。

結婚をしたりして家庭を築いたときには、自分が理想としている住まいに暮らしたいものです。
なかなか現実的に考えると難しい面もあるのですが、実現が不可能ということもないのです。

女性目線で考えてみると、いろいろな面で優先にしたいところがあります。
例えば、すっきりと家の中を整理しやすい家としては、掃除・収納のしやすさということをまず挙げることができるでしょう。
作り付けのクローゼットがあったり、収納力のある押入れなどはたくさんあればそれにこしたことはありません。

また、女性がこだわりたい場所として挙げられるのがキッチンです。
自分の使いやすいようにしたいと思う人が多いのですが、キッチンを広く、子どもとパンやお菓子を作りたいと考える人もいるのです。

さらに立地条件としては、徒歩圏内にコンビニではなく、野菜や肉が売ってあるスーパーなどがあると、なおよいでしょう。
やはり自分で料理をしたり、家族が家事をしやすいような環境というのはとても大切です。
ですから、お店などについても食材を入手しやすいところが望ましいことでしょう。

このように、女性が理想とするのはキッチンや収納、立地が揃った家なのです。

無料相談会

CONTENTS
お知らせいろいろ

  • 家づくりに対する想い
  • 家づくりの流れ
  • スタッフ
  • よくある質問
  • イベント
  • 性能と品質
  • メディア掲載・受賞歴
  • 採用情報