お役立ち情報

中庭のある平屋のお家が人気!実例を元にポイントをご紹介

今、世間では中庭のある平屋の人気が高まっています。

ワンフロアでゆったり暮らせること、また、老後の生活のために段差の少ない家にすることを考えたときに

平屋がぴったりと言えます。

しかし、広さの面などから断念される方も多いんだとか・・・

 

ですが、狭小地の多い大阪では現在、平屋の需要が高まっているんです。

実は、平屋は狭小地や密集地にうってつけなんだとか。

そのメリットとはいったい何なのでしょうか?

今回は中庭のある平屋についてお話します。

 

中庭とは、建物に囲まれた、その中間に作られた庭のことを言います。

 

インテリア性だけでなく、光や風を取り入れるのにもうってつけなんです。そのため、最近は都市部でも人気が高まっています。

 

 

中庭のメリット

 

①人の目を気にせず過ごせる

一般的な庭とは違い、建物の内部にある中庭は外からの目線が気になりません。

プールやBBQなどの家族イベントや洗濯物を干すのも、プライバシーを守りながらできます。

 

②安心して通気ができる

道路に面した窓に比べて、防犯面を気にせず通気できるという点も、中庭のメリットと言えます。

就寝中でも、中庭側の窓はセキュリティ面を気にすることなく開放できます。

 

③安全に子供と遊べる

一般的な庭では、目を話した隙にこどもが道路に出てしまうなど、交通事故の危険もありますが、ロの字型などで部屋に囲まれた中庭なら道路に飛び出してしまう心配もないので、家事をしながらお子様を中庭で遊ばせることができます。

 

④中庭でアウトドアやDIYが楽しめる

中庭でBBQやDIYなど、趣味を楽しめるスペースが増えます。第二のリビングとして家族で過ごす時間を楽しんだり、夜の空と灯りを家族だけの景色として切り取ることもできます。

 

以上が中庭を設けるメリットです。

道路に面した庭と比べて、人の目を気にせずに過ごせるといったところが魅力的ですね。

 

では、平屋に中庭を設けるメリットとは一体なんでしょうか?

 

平屋とは、いわゆる1階建ての家です。1階建てなので生活動線が2,3階建ての家よりも楽で、開放感があるのが魅力です。また、階段がないためメンテナンスが楽であることもメリットとして挙げられます。

一方、1階建てであるので、間取りのバリエーションが少ないのでは?と思われる方もいらっしゃると思います。しかし、シンプルな平屋でも中庭を設けることで現代的でデザインの幅もぐっと広がります。

 

 

 

 中庭のある平屋の種類とメリット

 

平屋の家に中庭を設けると、家の形は上から見たときにL字型・コの字型・ロの字型に分かれます。

 

コの字型

プライバシーを守りながらも程よい開放感が得られます。1辺が空いているので、スペースに余裕を持つことができます。

 

ロの字型

ロの字型は、中庭を中心に配置しているので、プライバシー面で優れています。また、お子様やペットと遊ぶときに安全面を気にせずに過ごすことができます。

 

L字型

L字型は、四辺のうち二辺が囲われていない形です。この形は、意外にも多くの日本家屋に設けられています。

比較的コンパクトな土地でもL字の中庭を設けることが可能です。緩やかにプライバシーを守ってくれます。中庭に面する居住空間が少ないので、メンテナンスがしやすくロの字型やコの字型と比べて少ない費用で設置することができます。

 

 

 

中庭がある平屋の間取りの例

 

中庭を中心としてぐるりと回るような動線になります。中庭を観賞用として設けたい場合や、ペット・小さなお子様がいるご家庭にピッタリです。また、2,3階建てと比べて家族と必然的に顔を合わせる間取りとなります。

また、中庭の面積を広めに取ることで、ガーデニングや第2リビングとしても楽しめます。

 

 平屋で中庭を設けることにより、2階建てよりも沢山の光を取り込むことができます。密集地など、採光しにくい土地では中庭で光を取り込むことが有効と言えます。

 

 まとめ

 

平屋で中庭のある家、一見難しいようにも思えますが、アイデア次第で叶えることができます。

家族団らんの場所を増やしたい、緑に囲まれた生活がしたい、老後の生活を考えて段差の少ない家にしたい・・・

もしかしたら平屋と中庭で、皆様の理想が叶えられるかもしれません。

ぜひ、ご自身の理想に合ったお家をご検討してみてくださいね。