お役立ち情報

木造と鉄骨ってどちらが良いの?

 

お家を建てるとき、木造と鉄骨ってどちらが良いの?
とご質問いただくことが多いのですが、

みなさんはどっちが良いと思いますか?

木材は鉄やコンクリートに比べて軽いため、建物自体の自重が軽く地盤への負担が少なく、また加工が容易でフレキシブルな間取りに対応できます(リフォームもしやすい)が、腐りやすいというデメリットがあります。

雨漏りなどが発生した際に、内部にまで水が浸入してしまうと傷みが早くなる原因となってしまいます。

しかし、むき出しの状態で使用する見た目の良さや香りが人気のポイントになっています。

防臭効果もあるため、エコで環境の良さを感じられます。
また、優しい触り心地となるため、人間が裸足で生活をする際に負担になりにくいです。

鉄骨の鋼材は強度が大きく、工業製品のため品質が安定していて価格も比較的安価ですが、火熱に弱いため防火被覆が必要なところがポイントになります。
鉄の方が丈夫で長持ちというところはありますが、震度に関しても歪みが起こりやすいため、気になる点はあります。

どちらにもメリットデメリットがあります。どこに重点をおくかによるかと思います。

またどちらのお家も建築させてもらっています。

まずは体感される方がわかりやすいと思いますので、構造現場見学会にいらしてみてください。