お役立ち情報

日本の家って地震に強いの?

 

日本は、世界の中でも地震が多い国の一つになります。

日本の家は地震に強いのかという事になりますが、地震が起きた時に大きな被害を出さないためには、どのような住宅なのかによっても、被害の出方が変わってきます。

住宅は、重く、重心が高い建物ほど、地震時の揺れが大きくなる傾向にあります。

出来るだけ屋根、外壁を軽くすることで、建物の軽量化、重心の低下が図れ、地震時の揺れを軽減できるようになるのです。

地震が起きた時に、家が倒壊してしまうような事になれば、暮らしていく家はなくなってしまいますし、家の中の家財道具なども使うことが出来なくなるでしょう。

万が一家の中にいる時に地震が起きてしまうと、家族に身の危険が迫ってしまう事になります。

いかに安全な家で暮らすようにするかは、住宅の塗装工事・耐震工事に失敗しないために構造現場見学会に参加しましょう。

地震に強い家に関する構造現場見学会を行っていることがあります。

見学会に参加することによって、体感でき、たくさんの知識を得ることが出来れば、安全性の高い住宅で家族と幸せに暮らしていくことが出来ますので、正しい知識を得てから住宅づくりをしていくようにすると良いでしょう。

いろんな方法があるので、どのようにが一番自分たちにあっているのか。いろんな面で考えながら進めていけるといいかと思います。