お役立ち情報

床暖房のデメリット

 

最近、節電がブームとなると、オール電化住宅というご家庭が多くなりました。

オール電化住宅の場合エコポイントや電力料金の時間帯割引等のメリットが受けられ、ご家庭のエネルギーコストを抑えることが可能となります。

新しい住宅では、太陽光発電を利用した家庭電気システムにより、給湯器、HI調理器等これまでにガスで利用していた機器がすべて電気にいって賄えるようになります。

太陽エネルギーから得られた電気を利用したり、安い時間帯の電気利用を行ない、蓄電した電気を売電に回すことなど、エネルギーコストを抑える工夫がされています。

そのためか、家庭用床暖房システムを導入するご家庭も増えました。

しかし、床暖房にはデメリットもあります。

デメリットの大きなものは、施工コストと床工事のための手間や時間がかかることでしょう。

費用は、温水マットの設備工事や熱源機の設備工事など初期費用として大きく掛かります。

また、節約どころか電気式の場合は電気容量を上げる必要があり、節電にならないということが言えるでしょう。

しかも、完全に立ち上がりまでに1時間ほどかかるため、アイドリング時間の無駄な電気料金が掛かるという点もあります。