お役立ち情報

キッチンのカタチ|八尾・大阪で家づくりを考える

こんにちは、竹森です。

 

一人暮らしをしていたのですが、

キッチンが狭くて料理をするのが大変でした。

今は実家なので前よりは広いキッチンで料理をしています。

キッチンが使いやすいと料理も楽しくなりますよね。

 

そんなキッチンに型があることをご存知でしょうか?
その種類は実に多く
Ⅰ型、Ⅱ型、L型、U型などがございます。

まず、Ⅰ型キッチンとは
コンロ、調理台、シンクなどが1列に並んでいる横長のキッチンのことです。

お料理の工程を平行移動で済ませることができる上に、
狭いスペースでも取り入れることが出来るので、
最も基本的なキッチンの形として用いられてますね。

しかしながら、2人以上で調理をするとなると、
狭いスペースのため動きはとりにくくなってしまいます。

Ⅱ型キッチンは調理するスペースが分離された構造なので
スペースは広くとれます。

そのため、家族と一緒に料理をしたりする方にはおすすめです。

けれども、間取りが狭い家には取り入れることが難しいというデメリットがあります。

L型は直角に曲がっており、
シンクとコンロを離して配置する方法のことをいいます。
I型の次に多く取り入れられ、便利なレイアウトとなっています。

U型はキッチンに立つ人をカウンター、シンク、コンロなどが
囲むように配置されたキッチンのことを言います。
こちらもキッチンスペースが広くなります。

いかがでしたか?

それぞれの型の特徴をつかんで、好みのキッチンにしてみましょう。